<   2008年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

山田洋次監督・追記

山田洋次監督の謎に迫る・・・というと大げさですが、「男はつらいよ」48作の初回は、テレビドラマだったそうですね。
寅さんが初回のドラマで、なんと奄美大島の毒蛇ハブ公に咬まれて死んじゃうところでドラマを終わったら、抗議の手紙や電話が殺到。
なんで寅を殺したんだ、生き返らせろ、というような内容だったそうです。

テレビで一旦死んでしまった主人公を生き返らすには、映画にしてはじめからやり直す以外ないね、ということになったようです。
ところが、会社の松竹は、小津安二郎監督の「東京物語」などの上品な映画が主流なので、寅さんのような、学歴もない職業もテキヤなどやってるようないわば下層階級のお兄さんでは・・・と製作には反対の声があってなかなかOKが出なかった。

しかし、山田監督は渥美清というコメディアンに出会ったことで、がんばったわけです。
渥美清に出会わなかったら寅さんは生まれなかった。
そして愛すべき寅さんが生まれる元になっているのが、山田監督の生まれ育った時代と密接に関係があるのではないでようか。

監督は満州引揚げをしています。
終戦直後、焼け跡闇市のなかで、監督は中学時代から兄さんとアルバイトをしながら東大法学部を卒業しているんですが、中学時代のアルバイトは建築現場の作業員とか、進駐軍の汚物運び、それもバケツに放尿した外人のおしっこを天秤で担いで始末する仕事などだったようです。
「飛び散るし、臭いもしますし・・・」

そんなとき、作業に必要なことは腹から笑える「笑い」だった。
たいがいは品のないシモネタで、中学生の山田兄弟はからかわれながらもそれがちっとも嫌ではなかった。からかいから笑いが生まれ、みんなで笑いを共有することで、無事に1日の仕事を終える。その清清しいほどの喜び。

寅さんシリーズに通底している笑いは、組合などのないいわば無組織労働者人たちに欠かせない、生きることに必要な「笑い」なのではないか。
山田監督はそんな人たちをこよなく愛してやまないのです。

まだまだ言い足りませんが、本日はこのへんでおしまい。
[PR]

by sanenbana | 2008-08-31 11:47 | あまみ便り

山田洋次監督来る

e0062635_2021159.jpg

今年は「男はつらいよ」の渥美清さんの13回忌なんですね。

先日、東京のお客様とカケロマ島に行ったとき、シマのあちこちがなんとなく色めきたっていましたが、どうやら浅丘ルリ子さんがいらしてたようでした。
あとで、友人のブログをみて知ったのですが、同じ日にカケロマを走っていてすれ違い行きちがいをしていたようでした。

渥美清の13回忌に、48作目の「男はつらいよ」の舞台になったシマに立っておきたいと思って監督の山田洋次さんもいらしたようです。

奄美文化センターで、「平和・いのち・家族」というテーマでの講演があるというので、私も仕事をバイトさんに頼んででかけました。

山田監督の渥美さんへの思いの深さが伝わってくる講演会でした。

先日もNHKの深夜放送で、渡邉あゆみさんのインタビューで山田洋次監督がでていましたが、インタビューもすごい。(私もこんなインタビューがしてみたいです)
思わず、ふとんから起きだして正座してしまいました。
終わったら3時だった。

話を聞いていて、すごい人といのは簡単には年をとらないものなんだということに気づきました。
[PR]

by sanenbana | 2008-08-29 20:25 | あまみ便り

オオヤドカリ

e0062635_20101148.jpg

奄美大島では、ヤドカリのことをなぜか「アマン」といいますが、久しぶりに出かけたお食事やさんに、こんなに大きなヤドカリがいました。
奄美大島も原油高の影響で市場に魚が入らないのに、こんなヤドカリが網にかかったらしいうのです。

そのくせ、ヤドカリのご馳走に刺身の切り身がのっていました。
オオヤドカリが刺身を食べるって聞いたことないよ~
わさびと醤油がないんではないの~
[PR]

by sanenbana | 2008-08-28 20:12 | あまみ便り

代官山・aoのみなさん

e0062635_20101616.jpg

東京代官山で、ガーゼ布で赤ちゃんの用品からおとなの洋服まで扱っている「ao」のみなさんが、泥染めを体験しにいらっしゃいました。
新潟十日町市でカラムシ(和苧)にこだわっていらっしゃるネオ昭和さんのご依頼です。

ともかくどんな方がお見えになるのか楽しみにしていました。
「友 遠方よりきたる」ですね。
とてもシンプルで、ステキなみなさんでした。
楽しみながらせっせと泥染めをしていました。
ガーゼと泥染め、いいですね~

当店も来年のテーマは・・・
各地のこだわり布で、もっともっと泥染めにこだわってみたくなりました。
[PR]

by sanenbana | 2008-08-25 20:18 | さねんばな情報

ハイビスカスとマイ箸入れ

e0062635_19302232.jpg

綿100%の泥染め布で、マイ箸入れをつくりました。
この形は洗えないのでと、敬遠する方もいらっしゃるようえすが、シンプルでかさばらないのがいいのではないでしょうか。
裏地はゆかた地です。

上のハイビスカスは店頭の鉢植えです。
2枚ともケータイで激写しました。
ケータイ、いけますyoね!べりぐっど、べりないすですね。
e0062635_1930392.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-08-25 19:32 | さねんばな情報

十五夜唄あしび

毎年、奄美文化センターの野外ステージで行っている「十五夜唄あしび」の案内がきました。
お店の営業に差し障るので、できるだけ案内するだけにしたいところですが、今年はどうもがまんができそうにありません。

中二階にある野外ステージはすり鉢型の円形ステージで、唄あしびには焼酎や手づくりのおつまみも出て、みんな和気あいあいです。
旅のかたもぜひお出かけくださいませ。
9月6日(土)・PM7時から9時まで
入場料1000円(当日1200円)
e0062635_11595593.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-08-23 12:01 | あまみ便り

好評です!紬のお守り

旅行雑誌の「まっぷるマガジン」に当店も掲載してもらっていますが、大島紬のお守りが好評でですよ~
お守りを目当てにご来店される若いお客様が・・・
(あれ、また写真撮らせていただくのを忘れた!)

こんなに可愛くて1個500円というのもうれしい価格でしょ!
裏には、島唄しおりが入っています。
ご来店をお待ちしています。
e0062635_1123518.jpg

e0062635_11445847.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-08-23 11:25 | 本日の作品

8月の海

龍郷町倉崎海岸の海が輝いていました。
レストランのガラス越しに撮りました。
同じ海なのに、こんなにちがう・・・

e0062635_1171435.jpg







e0062635_1173844.jpg








e0062635_119084.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-08-23 11:11 | あまみ便り

NHK紅白歌合戦に奄美の歌を出そう!!

奄美からNHK紅白歌合戦に誰かを出そうよ!
と言って、なんとバルセロナオリンピックで金メダルを取った柔道界の重鎮・古賀稔彦さんを引っ張り出した人がいます。
セントラル楽器の社長・指宿正樹さんです。
e0062635_19442791.jpg

これは車に貼るシートですが、なんで柔道の古賀さんかといいますと、これには深いわけがあるんでよね~

指宿社長の出自は徳之島。
徳之島には、昔、柔道家の徳 三宝(とく さんぽう)というたいへん有名な方がいました。
この徳三宝さんをたたえる歌を作詞作曲して、さて誰に歌ってもらおうかといことになったとき、
たまたま朝日テレビの報道スティーションで、バルセロナで金メダルを取った古賀さんの秘話が報道され、指宿社長はいたく感動。その場で、歌手ならこの人だ!と決めたそうです。

それからどんな時間がながれたんでしょうか。
古賀さんは、私は柔道はやるけど歌手ではないからという再三の辞退を押し切って、本日の運びとなったわけです。
古賀さんは北京オリンピックから奄美に直行したとか・・・

なんというフルムン!(フルムンとはふれた人・つまりとんでもないことをする人)
私だって、応援しないではいられませんよ。
指宿社長には私もいろいろお世話になっているんですから、さっそく出かけてきました。

e0062635_19445866.jpg

「柔道一代 徳三宝」を熱唱する古賀稔彦さんと
応援団の結団式でした。
団長は元瀬戸内町町長の義永秀親氏。
熱血漢はいいけど、軍歌なんか飛び出しそうで、ちょっとこわ~!8月16日
e0062635_19452066.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-08-22 20:30 | あまみ便り

菅 洋志写真展

写真家の菅洋志さんの写真展が、奄美パーク・田中一村記念美術館で開催されています。
e0062635_18401679.jpg

会期は8月13日~9月5日
タイトルは「菅洋志写真展 奄美・シマに生きて」


e0062635_18405394.jpg

初日の13日は菅さんのフィルムレクチャーがあり、私も定休日なので参加できました。
菅さんとは3年ほど前にお会いする機会がありましたが、3年ぶりにお会いしてみると、たいへんスリムになっていらっしゃいます。

写真を撮り始めた40年ほど前のネパールの写真も展示してあり、アジアをみつめてたどり着いたところが奄美だった、というかかわり方がステキだと思いました。
奄美、といってもカケロマ島がほとんどですが、何が一番いいかというと、何よりも人(ヒト)。
カケロマで出会った人々とのなんともいえない出会いの数々が、たまらなく好き、って感じでしたね。ほとんど恋をしていましたよ。


写真集のタイトルも
「菅洋志・・・奄美  シマに生きて」
です。新潮社刊 3780円(税込み)
e0062635_18385790.jpg



e0062635_19322292.jpg

サインもかっこいい!
[PR]

by sanenbana | 2008-08-22 18:47 | あまみ便り