<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フランスのお客様

朝、10時ごろになると、近くの大島旅館やたつや旅館に宿泊しているフランス人のみなさんが、バスの時間に合わせて当店の前に集まってきます。
今日は、カケロマ島に出かける班が10数人バスと久保井さんの車の2班に別れて出て行きました。みんな集まると、やっぱり最後は記念撮影ですね。
e0062635_21401.jpg


今回の世話役は日本人のマリエさんです。
相変わらず暑いので、みんな大汗をかきながら、バスを待つ間一昨日のシンポジウムの感想でおおいに盛り上がったり、買い物をしたり。

昨日は新聞が休みだったので、南海日日新聞も奄美新聞も本日の記事になっていて、奄美新聞が良く書けています。
マリエさんの夫・ブリューノ メゾンさんも、まるで日本人のような感覚をお持ちなので、私もついつい言いたいことを言ってしまいました。
この方たちほんとにフランス人ですか・・・ことばさえ通じたら、まるで同じような感覚を持ち合わせていることが不思議なほど。
片言の英語を交えても、通じない話がなんとまどろっこしかったことでしょうか~

英語とフランス語の講座がにわかに現実的になってきました。
[PR]

by sanenbana | 2008-07-22 21:26 | あまみ便り

紬パッチ洋服

e0062635_113512.jpge0062635_1153284.jpg
泥染めをしたインド綿のブラウスに、紬のハギレをあしらってみました。
左が前  右が後です
龍郷柄を前の5個、後ろに5個貼り付けてみました。
おねだんは12800円




e0062635_1155847.jpge0062635_1165721.jpg
胸元の深い切込みが魅力的です。
三角の紬で蝶をイメージしてみました。
バックの背中にも紬の蝶をあしらってみました。
同じ品物なのに、写真の色が同じになりませんが、前の色の方が実物に近いです。
7800円





e0062635_1172142.jpge0062635_1174413.jpg

衿元と袖まわりのふちを、泥染めした琉球絣でくるみました。
9800円






e0062635_1182239.jpg
e0062635_118449.jpg
左 7800円
右 12800円









e0062635_119596.jpg
e0062635_1193359.jpg
左はメンズです。藍染のあとに泥染めをしてみました。
泥染めをした紬でポケットをつくりました。
お値段は12800円です。
右 6800円

クリックするとメールフォームが開きます


[PR]

by sanenbana | 2008-07-22 11:12 | 本日の作品

日仏交流の日

e0062635_11332568.jpg

朝、奄美パークに行くバスに乗ります。


e0062635_1134246.jpg

ミスターNHKと言われた元NHKキャスターの磯村尚徳氏は、記念講演で日仏文化交流の流れを分かりやすく解説してくださった。
約150年前、江戸時代の浮世絵がフランスのアーティストに与えた影響をジャポニズムというなら、1990年代に起こった、マンガ・アニメ・TVゲームなどの影響をネオジャポニズムといえるだろう。その後、日本はかっこいい(クール・ジャパン)といわれ、澁谷・原宿・秋葉原はもはや国際的な街として知らない人はいないほどだそうです。

講演の内容はまだまだ続くのですが、私の中のフランスはぐんと近づいてきたのであります。
韓国経由、パリ行きがもっとも安いとか・・・(夜の懇親会で教えてもらいました)韓国とパリが一緒に旅行できたらうれしいですね。

e0062635_11344991.jpg

加藤和子さんとsakuraさんという母娘のシャンソン

e0062635_11352028.jpg

島唄に合わせて、バケツの墨汁で描きだした即興絵画
約30分後出来上がったものは・・・
大島紬を織る姿から、すごいエレルギーを感じ取ったといわれます。


e0062635_1136032.jpg

先日行ったダイバン・トッツブル大会(大きなかぼちゃ)たちも、一緒に参加

e0062635_11364364.jpg

シンポジウムのメンバーのみなさん。
フランス人と結婚している2人の日本人女性が通訳でした。
テーマは「フランス人からみた田中一村芸術」というものでしたが、
ちょっと難しいテーマだったのでは?

コーディネーターは宮崎緑さん。
いつもの立て板に水の切り口のいい展開がフランス人に通じなくて、今回はギブアップしそうでハラハラしてしまいました。
が、大先輩の磯村さんが助け船をだしてくださって、私たち参加者もホッとしました。

宮崎さんも、私たちのように地道な活動をしている住民たちにもっと心を開いて、いろんなことを吸収したらいいと思うのに、いつも鮮やかな笑顔を振りまくだけ用事が済むとさっさと消えてしまうのは残念ですね。
田中一村だけで奄美を語ろうなんて、ムリではないでしょうか。
[PR]

by sanenbana | 2008-07-21 11:39 | あまみ便り

3回忌



e0062635_10141749.jpg親しくしていた友人が、60歳を待たずに、たった1ヶ月の闘病でなくなって丸2年。
あっけにとられるような別れでした。

7月18日は1人娘さんを囲んでのささやかな3回忌で彼女を偲びました。
名瀬湾が見下ろせるイタリアン料理の「ホテル・カリフォルニア」でした。




e0062635_10112326.jpg




e0062635_1012189.jpge0062635_10123940.jpg

デザートは「ベツバラ」なんですって~
ウエイトレスさんが「ベツバラはコーヒー、紅茶、アイスクリームが選べます」なんて言ってました。新語みたいにですよ~

彼女が描いた「さねん花」の絵も一緒に参加しました。
当店の店内にいつも飾ってあります。
[PR]

by sanenbana | 2008-07-20 10:21 | あまみ便り

ボンジュール ドゥ フランス

日仏交流150年、田中一村生誕100年記念日仏交流イベントが明日から開催されます。
日仏交流美術展「奄美・ボンジュール ドゥ フランス」
期間  7月20日~8月10まで
場所   奄美パーク内 田中一村記念美術館 企画展示室
参加者 フランス人出品者11名 日本人出品者23名
      奄美美術協会会員
e0062635_9411393.jpg



この催しに先立ち、明日20日はイベントとパーティーがあります。
場所は奄美パークイベント広場
時間は13:30~16:30
内容は 日仏交流150年記念講演・・・磯村尚徳さん
      シャンソンコンサート・・・・・・・加藤和子・Sakura親子
      音楽に合わせての即興絵画制作
      シンポジウム「フランス人からみた田中一村芸術」
               コーディネーター 宮崎緑館長
フランスから23名、日本人来島者23名他参加予定とのことです。

フランスの芸術家のみなさんが、フランスからわざわざ奄美大島にきてまで絵の展覧会を行うなんてめったにありません。
しかも本場のシャンソンが聴けるというので、私の友人は興奮気味です。
「あなたのお店にも来るはずだから、フランス語の挨拶ぐらいは覚えておきなさいよ」というのですが、私はボンジュールとメルシィーでなんとかなるわよと・・・
昨夜、24時間レストランで気がついてみれば12:30ぐらいまでそんな話をしていたら、なんと
さっそくお店に「ボンジュール ドゥ フランス」のみなさんがたくさんきてくださいました。

今からバスに乗って、奄美パークへ展示会の設営に行かれるとのことです。
まずは記念撮影をさせていただきました。
e0062635_1056746.jpg

バスに乗るところです。
みなさんとても気さくで、すっかり打ち解けてしまいました。

e0062635_10571819.jpg
e0062635_10573552.jpg

フランス人と結婚された日本人の女性が通訳をしてくださったり、日本語のできる方もいて、とてもフレンドリーな出会いでした。
メルシィー ドゥ フランス!
e0062635_9414770.jpg

これで仲良く2つ並びました。
[PR]

by sanenbana | 2008-07-19 11:02 | あまみ便り

ブログを入れ替えました。

おはようございます。
FC2の新しいブログをメインにして商品情報などをお届けしようと思いましたが、FC2はどうもアクセスが多いらしくて、待った!ばかりかけられますし、コメントの返事を書こうとしてもなかなかUPしてくれません。
そこで商品情報などを、エキサイトブログにもどしましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

何も新しいブログなど作らなくてもよかったんでしょうが、私の抑えがたい好奇心と、機器にうといというやつにいつも振り回されてしまうんですね。

今まで書き込んだ分はこのまま継続いたしますので、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。
e0062635_9473181.jpg


マクワウリとミニかぼちゃです。
[PR]

by sanenbana | 2008-07-17 09:49 | さねんばな情報

鹿児島県知事選

先日の13日は鹿児島県の知事選でした。
e0062635_11422316.jpg

現職の伊藤祐一郎県知事は、共産党を除いた与野党連合の立候補者、方や共産党の県議だった女性議員の祝迫かつ子さん。
どちらが勝つかは誰にでも分かる選挙です。
無投票にならない分がいいとして、もっと誰か立候補をしないものかとちっとも乗れない選挙でした。

選挙は当日、出勤前にするのが私の流儀ですが、なぜか今回はど忘れしてしまって、さっさとお店にきてしまいました。
夕方6時までに家に帰って、投票用紙を取って投票すればいかな~と朝のうちは思っていたんですが、タイムリミットが近づくにつれ、もう今回はいいや棄権しちゃおうとという気持ちになってしまいました。はじめての経験です。

自分の一票をどういう気持ちで投じるかは人それぞれです。
支持票、批判票もいい。
でも無投票という意志表示もあっていいのではないかと思いました。
この気持ちのなかには、共産党に対する個人的なウラミではありませんが、共産党の人たちへの信頼の揺らぎがあります。

つまり、私のような革新系無所属無党派というのは、あんまり党派に縛られたくないので、そのときの選挙の内容で一番ベストな人材を議会に送りたいわけです。
党派にとっては一番やっかいな人種かもしれませんが、民主党も、社民党も、共産党も誘われても党員にはなりたくないのです。

むろん、自民党などもってのほかですが、私はロシア文学者チェホフの戯曲「かもめ」のなかで、主人公のナターシャ?たっだかしら
「私はかもめ、かもめのように自由に飛んでみせるわ」というセリフを20歳ころに読んでこの方、ずっとこの精神に支えられています。

自由には孤独も責任もありますが、ま、なんとか生きてきましたからね。

選挙の話に戻りますけど、共産党さんも一度ぐらいは互角に戦える候補者を育ててほしいですね。批判票に甘えてるんじゃないのって言いたいのですよ。

ゴールデンシャワーって、ほんとステキな花ですよね~
花が終わったら、種の入った実も面白いんでしょね~
[PR]

by sanenbana | 2008-07-15 11:38 | 私的なおしゃべり

神様のはなし

奄美にはユタ神さまという神様がいらっしゃるんですが、たまには奄美の真髄に触れるような神様のお話をしましょうか。

奄美の神様にはノロ神とユタ神の二通りの神様がいます。
ノロ神というのは、沖縄の首里王朝から辞令いただいた家系のなかの女性が、集落の安全や繁栄を司る役割を担っているひとのことです。

またもうひとつの神様がユタ神といって、これはきわめて個人的で日常的なかかわりをもっている神様といえそうです。
ユタ神になる人は、ノロのように辞令がきたりしません。
そのかわり、テンザサシ(天指し)といって、ある日天の神様から名指しされるといわれています。選ばれたひとは、夢によって導かれ、さまざまな試練を受けてやがて神にさせられるようです。そう、自分からなりたいとは思っていないのに、神様の方から選ばれてしまうんですからパニクっちゃいますよね。たいがいの人はみんな嫌がって逃げ惑うのですが、神様はなかなかしつこいようです。

ほんとうは健康なはずなのに、なんともいえない具合の悪さから始まって、いろんな病気にさせられる。でも病院で検査をしてもどこも悪くない、というようなことが多いようです。
私のまわりにただ今こんな感じの人が一人、じつはいるんですがね、その気にならないんですよ~あたりまえですけど、困ったことです。
受け入れてしまえば楽になれるはずなのに・・・仕方ないことかもしれません。
(本人がその気にならない限り、まわりがヤンヤン言っても改善されませんからね)

私は奄美大島ってとても感性の豊かな島だと思っていますが、元ちとせさんや中孝介くんのような独特の魂に響く唄者さんが生まれる背景には、このような神の意思が存在しているのかもしれないと思っているんですよ。

つづきはMoreへどうぞ

More
[PR]

by sanenbana | 2008-07-06 10:58 | 私的なおしゃべり

7月の詩

今日から7月ですね。
早いものです。もう半年が過ぎてしまいました。

ところで、ただ今、HPのリニューアルをしてるんですが、
あと少しで、トップからすぐFC2のブログとショッピングカートに入れるようになりま~す。
すみませんがもう少しおまちくださいませ。e0062635_11102.jpg

奄美は今日当たり梅雨明けしそうですよ。
昨日までは晴れたり、どしゃぶりになったりの蒸し暑いおてんきでしたが、本日は雨の気配がありません。



e0062635_16254079.jpg



先日、瀬戸内町の海の駅の玄関前にあった水槽の魚たちです。
コバンザメが泳いでいるよ、というのでそれっと行ってみました。




e0062635_1124373.jpg


きれいな魚はなんでしょう。
涼しげですよね~
(ケータイの待ち受けにも貼り付けました)
知ってる方、おせえてくらは~い!




e0062635_1131928.jpg
[PR]

by sanenbana | 2008-07-01 11:03 | さねんばな情報