<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大島紬のベストとスカート

e0062635_19181538.jpg

すでにお買い上げ済みですが、ベストと八枚はぎスカートを紹介します。
写真の背景がすっきりしないのでモノクロにしてみました。白と黒の生地なのでかえってきれいに写りました
e0062635_19274341.jpg

この柄は、すでに3名さまのお着物を仕立てていますが、こんなふうに洋服にするのもいいですね。
[PR]

by sanenbana | 2008-02-27 19:19 | 本日の作品

今年のタンカン事情

今年の当店のタンカン発送は、2月11日が初日、その後約2週間で、約450箱2500キロに達しました。
今年は生産者さんのご要望も兼ね、お値段をキロ当たり100円の値上げをさせていただきましたが、みなさん気持ちよくお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。
ほぼ毎日、私は朝からパソコンとにらめっこしながら、お届け先の伝票づくりをし、バイトさんは箱詰めにおおわらわでした。
さすが、年輪を重ねたオバァ~タリアンたちの手仕事は手際がよくて、どんどん箱詰めが仕上がっていきました。ときに私の集中力が衰えて、住所を間違えたり、2個のご注文を1個しか送らなかったりというミスもありましたが、どうぞお許しを・・・

さて、今年のタンカンは、例年に比べると糖度が少し低かったかもしれません。JA奄美も今年は糖度11・5度(例年は12度)でGOサインをだしました。
12月から気温が高かったことと雨が多かったことが原因だと思いますが、地球温暖化の影響がタンカンにも及んできたような気がします。

お値段は高くなり、味はいまいちということになりかねないので、私も気が置きつきません。
お買い上げくださったみなさま、いかがだったでしょうか。

当店で出荷しているタンカンは、奄美の原生林金作原(きんさくばる)に行く途中にあります。標高はそんなに高くはありませんが、山間の傾斜地を開墾してタンカンとポンカンを栽培しています。収穫したタンカンはトロッコで選果する作業小屋まで運びます。e0062635_12565857.jpge0062635_137650.jpg
写真左が作業小屋のトロッコ 右はトロッコの線路ですが、トロッコなんてめずらしい乗り物ですよね。
つづきはMoraへどうぞ~

More
[PR]

by sanenbana | 2008-02-26 12:28 | タンカン情報

リュウキュウバライチゴの花

緋寒桜がいつの間にか葉桜になっていますが、タンカン畑の近くにリュウキュウバライチゴの花が咲いていました。もうだいぶ散ってしまってますが・・・
あら、もう実の形ができてますね~
e0062635_20284513.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-02-18 20:29 | 花々たちも~

こんなにきれいです

除草剤のかわりに草刈機で草を刈り、薬剤散布をやめて木酢液で消毒を。
そんな手入れの行き届いた畑で出来たタンカンは、やはりとっても美味しいです。
今年は、西農園さんに息子さんが帰ってきて、先日畑を訪問したら、作業小屋にはタンカンやその他の果実栽培の本がありました。いいものを作ってみようとする人の心意気が感じられて、私はその仕事ぶりにぞっこんほれ込んでいます。

息子さんは40歳ぐらいですが、まだ独身。大手建設会社にいて、現場を移動することが多くて結婚する機会がなかったとのことでした。
こんな働きものにいいパートナーがいたらもっと元気がでるのに、と西さんの仕事ぶりを見ながら私は思っています。なんだか、わじわじとおせっかい虫が動き出して、タンカンみたいに丸っこくて明るい人、お嫁さんにならないかな~と思っています。

北海道の牧場で牛の乳搾りをしたいといって憧れるように、奄美でタンカンづくりをするのもステキですよね~。お嫁さんや~い! 私こそと思う人は返事してくださいね。

今回3日間で約150箱送ったタンカンと、私のラブレターです。ちなみにこの箱は60サイズで約3.5キロ、Lサイズで22個、送料込み2800円です。
e0062635_211125100.jpg
e0062635_21114595.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-02-13 21:12 | さねんばな情報

タンカン初出荷!

たいへん永らくお待たせいたしました。本日よりタンカンの発送がはじまりました。
ご注文をいただきながら、いつになったら届くのかしら・・・と首を長くしてお待ちいただいているかと思いますが、ご注文がすでに1200キロを越え、個数もまだ正確には把握していませんが、ただ今のところ300個ぐらいではないかと思っています。

本日は約200キロで50個ほど出荷できました。
明日もそれぐらいの予定です。
今年は西高東低の気温で、なかなか寒がこなかったことと、1月末から雨の日が多かったことで、1週間ほど出遅れてしまいました。
ですが、山地のタンカンはすっかり酸味も切れて、糖度も問題なく仕上がりました。私もさっそく味見させてもらいましたが、すごくジュシーでほんと、サイコー!でベリグッド!でしたよ~。
そんなわけで、本日お送りしたものはたいへん優秀だと思います。

さて、問題は平地の畑です。
平地のタンカンはタンカン特有のオレンジ色がまだ乗りきれていないことと、酸味の切れがいまいちとのこと、あと1週間はかかりそうだとのことです。
農園の西さんも、なかなか摘果できないもどかしさにかられているみたいでした。

ともかく、もうしばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。
[PR]

by sanenbana | 2008-02-11 21:08 | さねんばな情報

紬一筋バッグ

エコバッグがはやっていますが、こんなバッグはいかがですか。
昨日、名古屋から奄美出身の方が中心になって、160名という中部踊り連が奄美公演をしました。「民踊としま唄へのいざない」というものでした。
とてもすばらしい出し物でした。私は3つほどしか見ることができませんでしたが、練習がしっかりと行き届いているなあ~と感じいりました。

さて、それは置いといて、紬一筋バッグを紹介しますね。
踊り連のお姉さま方が向かいのホテルに泊まるということで、前回は買い物をする時間がなかったとのこと、それではということでさっそく私たちも取り組むことになりました。
「あまみ 愛(かな)しゃる展」というものです。参加者4工房。
声をかけると、それっとばかりにすぐ対応できる人だけが参加できるというアバウトさかげんがいいんですね。

大島紬糸で組み紐をしている「久美子の組ひも・工房はるぐり」「手描き泥染工房・かなえ」「ゆきの花工房」など。みんな作品づくりに日ごろからがんばっている人ばかりです。

ところが、この展示会で一番活躍したのがこのエコバッグでした。
セントラル楽器の社長・指宿正樹氏が考案製造した逸品です。
表は紬の龍郷柄、裏は黒一色。税込み1000円也。 
e0062635_2032888.jpg踊り連のみなさんは、自分のためにもお土産にもと、すごい売れ行きでした。













e0062635_20324236.jpg
大きさはタテ44×幅42×マチ14cm 
タテ28cmのところで裏にホックが付いていて半分に折れます。











e0062635_20331317.jpg
よろしかったら宅急便でお送りいたしますので、どうぞメールをくださいませ~。500円のエキスパックで大丈夫ですよ。
[PR]

by sanenbana | 2008-02-05 20:36 | さねんばな情報

ツインズ姉妹

生命の不思議のひとつに一卵性双生児がありますが、今回はそっくり双子姉妹に出会いました。
洋服が違うのでかろうじて見分けがついたんですけど、うっかりしていたらどっちがどっちかわからなくなりました。
昨日向いのホテルで展示会をしたんですが、お姉さんを尋ねて妹さんが入って来た時は、目が点になってしまいましたよ。さりげない様子までソックリなのには、やっぱりビックリ!ネ
私の親しい友人にもう一組のツインズ姉妹がいますが、こちらはまるで正反対。性格も体形もまるで違うのに、いつも一緒。一緒にいるというのが双子ちゃんの性っていうんですかね~
e0062635_19443831.jpg
e0062635_1945716.jpg
e0062635_19453573.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-02-05 19:53 | あまみ便り

奄美の情報発信源

奄美大島は人口が7万人ほどで、1市2町2村がありますが、奄美群島は8島で12市町村があります。群島の大きな情報発信に奄美市にある2つの新聞社の存在は、一見、見逃しがちですが、おおきな役割を担っていると思っています。
奄美群島が、第二次大戦の敗戦国の犠牲にされ、アメリカ軍政下にあったころ、島は驚くほど高度な文化の波をつくったのですが、その一つが新聞でした。むろん、戦前から新聞はあったのですが、戦後、米軍の検閲を受けながら生きることに必死になりながら、奄美大島は新聞を育ててきたと思います。

ところで、いまごろなんで新聞の紹介なの~とお思いでしょうが、今までの「大島新聞」が今年から「奄美新聞」に社名を変更したのです。つまり社名変更のお知らせではありますが、社名変更というのは、やはりひとつの変革ではないかと、考えております。
e0062635_13291313.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-02-03 13:29 | あまみ便り

わたし きれい?

宮崎県の洋蘭、ラッキークリスタル・バニラアイスがきれいに咲き誇っています。
購入してきたときはまだつぼみだったのに、最後の一個まで咲きました。このバニラアイスは咲き誇ってものけぞらないところが、いいですね。

私の花の育て方は、毎朝晩、鉢を移動させるたびに、
「まあ~あんたはいいこだね~とってもきれいだよ~!いつまでもきれいに咲いてね~」と言って、息を吹きかけたり、掌からオーラを送ったりします。
こんなにすると花が長持ちするってほんとかな。
下のすみれちゃんたちも、きれいだよ。
e0062635_1857551.jpg
e0062635_1858288.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-02-01 18:58 | 花々たちも~

ハイビスカスのシャンプー

e0062635_18131568.jpg
奄美の女性たちは、昔はハイビスカスの葉っぱでシャンプーをしていたという話をずっとずっと以前から聞いていたんですが、先日やっとこさ、実行することができました。
昔は、ちぎってきた葉っぱを石で叩いてぬめりを出して洗髪していたそうですが、今はミキサーという便利なものがありますから、やろうと思えばわけのないことですよね。

店頭の鉢植えのハイビスカスを散髪したので、さっそくミキサーにかけてみたらどろどろの液ができました。それでさっそく実行開始。髪がしっとりとしてとてもいい感じでした。(ついでに全身洗浄もバッチリでした~おら おしょすいごだ~)

う~ん、これっていけるかも。(島おこしの開発商品に・・・)
ハイビスカスはたいがい農薬なんかかけないし、野生ですからどこにでもあります。高い高級シャンプーを使うより、ずっとナチュナルでエコだと思いますよ~。

オアハカのひとめぼれさんも、帰国する前に試してみてね~
e0062635_18134359.jpg

ひとつかみの葉っぱで充分ですよ。ミキサーにはたっぷり水を入れました。
[PR]

by sanenbana | 2008-02-01 18:17 | あまみ便り