<   2007年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

1年間、ありがとうございました。

今日はいいよいよ大晦日ですね。昨日までは20度ぐらいあって暖かだった奄美大島も、今日は冷たい風と雨と、ときどき晴れ模様の変わりやすい天候です。
明朝の元旦は、奄美大島で一番高い湯湾岳(694m)の山頂で初日の出を見に行くことになっていますが、この天気では運がよければ拝めるかも知れませんが、ちょっと無理かもしれません。(主宰者の人に確認をとったらやはり取りやめとのこと・ムムザンネン)

さて、2007年は、皆様にとってどんな年だったでしょうか。
私はともかく病気らしいこともなく、ときどきカゼをひいたりはしましたが、まあまあ健康を維持して過ごせたことが一番だったと思います。
そして、私の唯一の生きる場所であるこの「さねんばな」のお店も、悪戦苦闘しながらも何とか年を越せることに感謝しているところです。
おかげ様です。お買い上げやご協力など、ほんとうにありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

さて、私の1年を振り返りますと、

More
[PR]

by sanenbana | 2007-12-31 13:22 | 私的なおしゃべり

外人さん

e0062635_2071468.jpg

今日は、ごらんの通りステキな外人さんが来店しましたよ^~
島の地図を探しに入ってらしたんですが、日本語のできる外人さんは大歓迎ですから、いろいろとおしゃべりをしました。

お国はイギリスですが、日本が好きでもう30年も住んでいるんだそうです。奄美出身の友人のお誘いで始めてきたけど、すっかり気に入ってしまったので奄美で暮らしたいとのことで~す。
趣味はピアノとギター。クラシックもジャズもとのこと、なんかほんとにステキですよね。

ピアニストの村松健さんも奄美が気に入ってしまって、すっかり奄美人になってるようですが、いつか二人で共演などということになったらもっとステキだと思いますよ。
どうぞ いもりんしょうれ あまみへ

そうそう私が染めたブルーのTシャツが気に入ってお買い上げくださいました。
ありっがったさま~
[PR]

by sanenbana | 2007-12-26 20:29 | あまみ便り

復帰記念日

昨日の25日はクリスマスでしたね。
みなさんは七面鳥とか、鳥のもも肉とか、デコレーションケーキとかを食べたりしたんでしょうか。「きよしこの夜」なんか歌ったりしながら・・・
20代のころ、胸わくわくさせながらクリスマスパーティーに出かけたりしたことがありましたねぇ~黒いベルベットのワンピースなんか着たりして・・・

友人からクリスマスは?というメールがきたので、メリメリ クルシミマスやってま~すと返事。
セーヌは流れ、私は残る・・・ではありませんが、時代はどんどん流れていっちゃいました~
おらぁ~ひとりで 何食うべ~でしたよ。

ところで、
12月25日は奄美群島が米軍の軍政下から解かれて、日本に復帰した日でもあります。アメリカの日本に対するクリスマス・プレゼントだったんです。
1953(昭和28)年12月25のことであります。

あれからすでに54年ですね。復帰の年に生まれた子どもさんももう54歳になるんですね。
奄美にとっての復帰の意味を風化させないためにも、伝承の会をつくろうということで、年配の方たちが立ち上がって復帰の年に生まれた人たちを中心にバトンタッチをしました。
e0062635_19413967.jpg

それにしても、どう歴史を学ぶべきか、ただのイベントになってしまいそうな気がしないでもないこの島の雰囲気ですね・・・
[PR]

by sanenbana | 2007-12-26 20:03 | 活動報告

佐藤悦子さんのたたかい

4年前の2003年11月、大分の若い青年佐藤隆陸(たかみち)さんは、24歳の命をこの奄美市の市内で、飲酒運転の少年(当時19歳)によって絶たれました。奄美群島復帰五十周年の式典当日の夜でした。
1週間後、隆陸さんは県立大島病院でお亡くなりになりました。

あれから4年、母親佐藤悦子さんの辛く悲しく苦しい日々の連続を、私もただただ遠くから見守ることしかできません。
最愛の息子さんの死を受け入れることができなかった父親佐藤啓治さんは、辛さを紛らわすために深酒をするあまり肝臓をこわし、とうとう今年7月、肝臓ガンでお亡くなりになりました。57歳でした。あきらかな二次災害だと思います。

e0062635_112666.jpg

         乙女チックな80歳のY子さんと、佐藤悦子さんで~す

More
[PR]

by sanenbana | 2007-12-23 11:49 | 活動報告

パパイヤ

垣根の垣根の曲がり角に、パパイヤが鈴なりになっていました。
パパイヤというのは酵素の親分みたいなもので、酵素づくりにはかかせない果実なんですよ~
おっぱいがいっぱい・・・何人分あるかな~
e0062635_1816699.jpg

[PR]

by sanenbana | 2007-12-21 18:16 | 花々たちも~

こんなスカートはいかが?

泥染め布で、7枚はぎのマーメード風フレヤースカートと、シンプルなタイトスカートをつくりました。e0062635_17493558.jpge0062635_1750463.jpg

上下とも左は前
右は後ろです。フレヤースカートは後ファスナースリットなしです。裾幅130cm
Wサイズ68~80 Hサイズ100cm 丈85cm裏無し



e0062635_17533661.jpge0062635_17542588.jpg下のスカートはファスナー付き、22cmスリットあり。裏付き
Wサイズ70cm丈85cm
気になるお値段は、メールをくださいませ~。 
[PR]

by sanenbana | 2007-12-21 17:51 | 本日の作品

お弁当バッグ

せっかくの愛妻弁当が、お昼時にはもう、ひゃっこくなっていては大変。
ちょっとでもぬくもりがあったら、妻の愛情にさらに感謝したくなりますよね~
そんなことを考えながら、作ってみました。
e0062635_1732213.jpg
e0062635_1743116.jpg

中に断熱アルミシートを使用しています。
お弁当をタオルでくるんでからこのバッグに入れると、もっといいかも知れません。
大きさは幅38cm 高さ18cm 底22×15cmです。
気になるお値段は、メールをくださいませ~
[PR]

by sanenbana | 2007-12-18 17:46 | 本日の作品

宮城のころ柿

宮城の白石から「ころ柿」が送られてきました。
先日、柿の木にたわわになっている柿の実のブログをみて、「食べたい!」と言ったところ、こんなに美味しそうなころ柿を送ってもらえました。
shiromatiさん、(妹ですけど・・)ありがどう、ごぜえますべ~
最近、ねえちゃんは白石が恋すいべぇ~~~
e0062635_17245137.jpg

[PR]

by sanenbana | 2007-12-18 17:25 | あまみ便り

乙女チックな80歳

「は~い、佐竹さん、お待たせ!」と言って、車でお迎え。久しぶりにどっかで食事をしようということになって、私もさっさと店じまいです。

日曜日の夜は通りも閑散としていることが多いので、遅くまで開けているよりは友人たちとの交流を優先しちゃう。奄美ならではの楽しいてげてげ経営ですよね~
お迎えに来た方は、なんと今年80歳か81歳。弓道の師範をされていて、いかにも堅苦しい人のようですが、私よりも若々しいぐらい。ご近所のTさんの年の重ね方とは違う、生き方と考え方をされています。
共通しているのは、第2次大戦をくぐりぬけてきたことと、戦争には大反対ですが、どうしようもないほどの天皇崇拝の精神でしょうか。天皇さま様には私も、もう逆らいません。

More
[PR]

by sanenbana | 2007-12-17 11:05 | 私的なおしゃべり

もずく研究者

同じ目方なのに、量がちがうもずくの話です。
例のご近所のTさんが、二つのもずくの袋を持ってきて、私にこの違いは何か、といいます。

秤にかければ同じ500gなのに、片方は水分が多く片方はみっちりと中身が入っているのです。もずく好きのTさんは、毎日もずくを食べているとのことですから、この発見は大問題です。

今まであたりまえだと思っていたもずくより、もっと腰が強くて歯ごたえのあるもずくに出会った
ということで、みっちりと量の多い生産者のお宅を訪ねることにしました。

お電話をかけると、
「あんたたち、もずくがほしいの?それとも話がききたいの?、話が聞きたいのなら来てもいいけど・・・」とのこと。買うだけなら相手はしないよ、というような雰囲気です。
こういう人はぜったい面白い。うんちくが詰まっています。
e0062635_11442219.jpg


More
[PR]

by sanenbana | 2007-12-15 12:11 | あまみ便り