<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

青いけし写真展とコラボ

宮城県白石市のギャラリー・蔵楽「shiromachi.exblog.jp 」さんで行っていた「手づくり三人展」は5月28日で終了しましたが、引き続き
「青いけし写真展と奄美の手づくり展」を6月30日まで行うことになりました。
ヒマラヤやチベット、中国の3000m以上の高地にしか咲かないとaoikesi.exblogいう青いけしを追っかけているブログ「青いけし追っかけの記・aoikesi.exblog.jp>の三島木正子さんとのコラボです。
三島木さんは白石市の奥座敷・遠刈田温泉に在住のきりえ作家でもあります。朝日新聞の宮城版に隔週できりえを連載しています。ブログでの追っかけの記はため息のでるような青いけしの花がいっぱいですよ。
当店のものは今回は小物展になっていますが、泥染めの洋服類が多いです。
お近くの方はぜひお出かけくださいませ。
e0062635_1014993.jpg

[PR]

by sanenbana | 2007-05-30 10:14 | あまみ便り

さねん花

今年は、タテ長サイズでさねん花の写真をキープしたいのですが、野に咲く花はなかなか思うようにいきません。どうやらカメラが故障しかけているらしく、スイッチオンにすると勝手にズームになってしまうので、1秒を争います。そんななかで撮りました。オットットット・・
e0062635_19561744.jpg


e0062635_20114980.jpg
[PR]

by sanenbana | 2007-05-29 19:56 | あまみ便り

スモモと島ウリ

奄美の完熟スモモが出てきました。
大きな島ウリ(きゅうり)も。島ウリは酢味噌あえや酢の物に最適です。とってもさわやかな夏の味がしますよ。
e0062635_10403682.jpg

[PR]

by sanenbana | 2007-05-28 10:40 | あまみ便り

マイ作品・ワイドパンツ

e0062635_1033734.jpg
昨日はお尻周りがゆったりした、ちょっと短めの ai(アイ)パンツをつくりました。
藍染布に泥染めを重ね染めした綿100%素材です。
H120
着丈88・後ろ股上40(いずれもベルト含む)
外ポケット付き
[PR]

by sanenbana | 2007-05-23 10:39 | 本日の作品

マイ作品・泥染めトップス

仙台のY様へ
本日はお電話をありがとうございました。
2006年2月1日のブログに載っているような洋服(左)
e0062635_2023615.jpg
をぜひ白石のギャラリー喫茶「蔵楽・くらら」さんにも展示してくださいとのこと、ちょうど、泥染めしたインド綿で作っていたところでした。(下の2点)






e0062635_2027317.jpge0062635_20281813.jpg








左は小柄な人サイズ(着丈63.胸幅63.衿から肩まで17・袖付け27・袖丈44・袖口14)
右はゆったりサイズ(着丈70・胸幅67・ 衿から肩まで19・袖付け30・袖丈41・袖口21)
写真より実際の方が色が濃いですよ。こげ茶色です。
どうぞよろしく!まだまだ作りますからお楽しみに。
[PR]

by sanenbana | 2007-05-21 20:36 | 本日の作品

2つのシンポジウム

2つのシンポジウムが昨19日と本日にありました。
私も実行委員になっていたので、丸2日間は掛かりきりになりました。
昨日は同じ会場で2つのシンポジウムをこなすという、たいそう刺激的な催しになりました。
午前は「島尾敏雄をシンポジウム(島尾敏雄を読み解く)」日本社会文学会九州・沖縄ブロック07春季大会
午後は「昇曙夢没後50年を偲ぶシンポジウム」(実行委員会主催)でした。
e0062635_18354464.jpge0062635_18361787.jpg






そして本日は、2つのシンポジウムの元になっている加計呂麻島を訪ねるツアーでした。
島尾文学を生み出した押角(おしかく)から、昇曙夢生誕地の芝まで海上タクシーをチャターして総勢25人です。
e0062635_18474118.jpg
e0062635_18482528.jpg





島尾ミホさんが教員をしていた押角小学校を説明する奄美のトラさんこと花井さんと、参加者。芝では年配の方たちがたくさんで迎えてくれました。
[PR]

by sanenbana | 2007-05-20 18:38 | あまみ便り

ブログは楽しく。

奄美大島を紹介しながら、できるだけ楽しいブログをと心がけています。
どうぞご協力をお願いいたします。
あまり適切でないコメントをいただいた場合は、私の判断で削除させていただくこともありますので、どうぞご了承くださいませ。
[PR]

by sanenbana | 2007-05-18 18:44 | あまみ便り

ハワイアンも踊るよ

e0062635_1020617.jpg

パパはフランス人、ママは日本人、ここで暮らしたいと思って奄美を選んだんだそうです。




e0062635_10205271.jpg




e0062635_10245566.jpg







e0062635_10254467.jpg

夜も更けるのにますます盛り上がってました。
[PR]

by sanenbana | 2007-05-15 10:26 | あまみ便り

赤ちゃんがいっぱい!

龍郷町芦徳集落に住んでいるIターン同士のOさん夫妻から、赤ちゃん誕生のお祝いに招待されました。(先日の赤ちゃんです)
ふだんひっそりしているシマに、こんなにたくさんの人がお祝いに駆けつけてくれる人がいたなんて・・・と思うほどたくさんの人が次々と入ってきて家の中は満杯です。総勢100人ぐらいは来てくれたんではないでしょうか。
まずびっくりしたことは、Iターンのカップルが多いこと。そしてみんな子供たちが2人ぐらいいること。きっかけはサーフィンやダイビングなどできて、住み着いている人たちです。息子さんがサーフィンできてから、大阪の家を引き払ってこの集落に家を建てて一家で越してきた方もいました。
シマにはすごい異変が起きているんでは?お店と家の往復だけではいけないなあ、と反省です。
集落出身の議員さんが、これからは休耕田を復活させることと、こういうときこそ町長は顔を出さんばね、といきまいていたので、
「次期龍郷町長には、あなたがなりなさい!」と檄をとばしておきました。
たんぼ作りが復活したら集落は必ず蘇りますよね。
そうそう赤ちゃんは 「碧・みどり」ちゃんです。どうぞヨロシク!(お母さん、切れちゃってごめん)
e0062635_1021746.jpg
e0062635_1024643.jpge0062635_1034163.jpg
フラッシュたいてごめんね。
[PR]

by sanenbana | 2007-05-14 10:04 | あまみ便り

カケロマ島で出会った人・2

カケロマ島の三浦には叶貞夫さんがいらっしゃいます。
10年ほど前に戦後史の聞き取りをしていたとき、お話を伺った中のお一人でした。お元気にしているとは思うけど、会ってみなければわからないのが現実というもの。芝集落を後にして、三浦のご自宅を訪問しました。息子さんに道端でお会いしたら、元気にしてるよとのこと、そ~っと庭先を覗くと、叶さんが茂みのなかにいらっしゃいました。私の気配を感じてこちらを向いたところをパチリ。
「はげはげ~、うがみんしょうらん、ご無沙汰でした」と手に手を取って懐かしさでいっぱいです。もう92歳とのことでした。まるで親戚のおじさんにでも会ったような気持ちです。
せっかく来てくれたのに、何も持たせるものがないよね~、といってこんなに大きなパパイアを持たせてくれました。

ご高齢の方はとくに、皆さんほんとうにステキな人が多いですね。一点の曇りもない心というのでしょうか、すばらしいですね。芝の豊島さんもそうでしたが、こんなおもてなしこそが奄美の心なんですよね。私が奄美に飽きないのは、こういう方たちに出会えるからなんですよ。
e0062635_2126025.jpg
e0062635_21262531.jpg
e0062635_21271237.jpg

[PR]

by sanenbana | 2007-05-12 21:27 | あまみ便り