<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

若者たちの企業

島で暮らしたくても、仕事がない。高卒後は島を出るのが当たり前になった島の若者たち。帰る機会がないまま都会で人生を始めている人もたくさんいるんですよね。うちの息子もそうですね。島で一緒にやろうよ、と言いたいけど、言えません。叶さんが市長になったら、帰っておいでよといっていた親たちも、みんな口に出せなくなってしまった・・・
そんなおり、若者たちが素敵なお店を始めたというニュースが入っていたので、行ってみました。拝み山の下、以前学習塾があったところです。
1Fにレストラン、と皮工芸の店、
2Fには美容院と古着やさんなど。
日曜日で、し~んとしていて寂しかったけど、がんばってほしいですね。e0062635_13185563.jpge0062635_13192138.jpge0062635_1321699.jpge0062635_13214431.jpg
[PR]

by sanenbana | 2006-05-30 20:07 | あまみ便り

村上春子さんの除幕式

昨日は、朝からすごいどしゃぶりで、お昼のニュースで笠利や名瀬は200ミリを越える雨量でした。
午後から村上さんの除幕式があるので、大丈夫かしらと思っていましたが、
そのころには小止みになって無事式が終了しました。
村上さんを顕彰するために奔走したのは、恒吉佳子さん。
彼女のいちずな思いが実を結んだのです。
恒吉さんもIターン歴50年過ぎ。満州引揚げ、結婚、出産、離婚、自立と物語がいっぱいの人です。また弓道の指導者としても活躍されています。
女優の森光子さんより年上ではないかと思いますが、私より若いぐらいです。すてきな奄美女性のひとりです。
除幕の神事と、恒吉さんと碑e0062635_10374429.jpge0062635_10422412.jpg
[PR]

by sanenbana | 2006-05-28 10:40 | あまみ便り

いじゅの花

奄美の雨季に咲く花の一種、いじゅの花を紹介します。
いじゅの樹木は背が高いので、車の走行中にあそこにもここにもと見えるのに、なかなか止める場所がなかったりでした。
もう散りかけていましたが、いじゅの花が気になるのは、いつだったかこの花の蜂蜜を食べたことがあったのです。小指の先でほんのひとなめ、とってもいい香りで、忘れられない味でしたよ。
左はフェニックス?の花?洋服のハケにしたいよね。
e0062635_2385183.jpge0062635_2392227.jpg
[PR]

by sanenbana | 2006-05-28 02:32 | あまみ便り

流しの雨

梅雨のことを奄美では「流し」っていいますが、今日の雨はまさにながしの雨でした。朝からどしゃぶりでした。
今日は、また染物に行く予定でしたが、流れるような雨では染物もはかどりませんから、中止。
先日撮った泥染めの田んぼの近くで写した半夏生(はんげしょう)とコンロンカの花?(葉っぱ、それともガクかしら)を紹介します。
一村の絵を彷彿とさせる季節ですよ。
ひとり旅ならながしの季節がいいですよ。
e0062635_21271117.jpge0062635_21334737.jpg
[PR]

by sanenbana | 2006-05-23 21:32 | あまみ便り

叶効果

毎晩、10時とか11時とかに帰宅するのがくせになってしまって、それが今日は8時すぎに帰れた。うれしくてゆっくりテレビでもみようと思ったのにあまり興味の引く番組みがありません。ついうとうとと・・・ところが
11時過ぎからNHKのアーカイブスで、香川県の豊島(てしま)の産業廃棄物の不法投棄を撤去させるための住民運動を見ていて、運動を成功させるための心構えのようなものを感じました。
瀬戸内海の小さな美しい島に、県が産業廃棄物の投棄許可を出したために、島はダイオキシンなどに汚染され、住民は22年にもわたって苦しいたたかいを余儀なくされました。
漁業で生計を立てていたひと、養鶏をしていた人、役場の職員など運動の中心になった人たちの追い詰められていく様子に胸が痛みました。
住民運動というのは、イデオロギーとかではなくただひたすら暮らしを守るために、運動から「逃げない」ことなんだと言うことを、痛いほど感じました。
というのは、先日、名瀬市内のど真ん中に16メートルの道路建設が計画されて久しいのですが、反対運動をしている人たちの訴えを県が聞き入れ、視察団が来島した折私も参加したんですが、その後の報告会でも感じたことは、この計画が建設業者のための計画であったことが読み取れたことでした。
運動のしようによっては、計画を断念できると思います。単に反対運動をするだけでなく、ついでに街を活性化できるような運動の展開ができればうれしいですね。殺風景な街なみにもっと緑や花を植えようというような運動とか、建物の壁に蔦を這わせるなども、街全体を涼しくさせるのではないでしょうか。

奄美市長選に叶芳和さんが立候補したことで、くやしいけど落選したことで得たことは、私たち市民や住民が、自分たちの力で何かをしなければ、ということに気がついたことではないでしょうか。
どうやら新たにHPもできるようです。
住民運動をしている人や、それぞれの立場でかかわっている人たちの意見や報告がメールで書き込みができるようなものだそうで、完成を待っているところです。どうぞご期待ください。
つまり、やる気になったことを「叶効果」というわけです。
そうそう、先日は鹿児島県の伊藤知事も、沖縄からからの観光客の動員や中国からの観光客誘致をしたいと、叶さんのマニフェストを言ってました。
これも「叶効果」以外のなにものでもありませんね。

そういえば、ご無沙汰してますが、叶さんはその後どうしていらっしゃいますでしょうか。e0062635_4333630.jpge0062635_4355638.jpg           写真は視察団に訴えている人たち
[PR]

by sanenbana | 2006-05-22 04:34

糸芭蕉

毎日新聞のエッセーが本日掲載です。
先日大浜で撮った芭蕉の写真とで、「芭蕉布の引き合わせ」というタイトルを付けてくれました。タイトルは編集人の特権ですものね。私の文章からどんなタイトルを引き出してくれるのかなぁと、それも楽しみのひとつです。
(このエッセーコーナーは新聞が読めるように、HPに載せたいと思っています)
さて、不思議なことにそこへ現れたのが、ライターの方。
日本人とバナナのことを調べていたら糸芭蕉のことまで調べだして、私のブログに書いていた芭蕉のことを読んだので尋ねてきてくださったのです。
またひとり、友人ができました。今後ともよろしくっ ですね。
e0062635_22175167.jpg

これは、奄美の民俗学のバイブルとも言われている南島雑話に描かれている「芭蕉布之事」の一部です。
[PR]

by sanenbana | 2006-05-18 22:18 | あまみ便り

瀧田 勇さんの写真展

友人のカメラマン・瀧田勇さんが奄美パークで作品展を開催していました。
運良く空港まで行く用事があったので、ゆっくり鑑賞する時間がとれました。
誰もいなかったので写真を撮ってしまったけど、ほんとうはいけなかったのかな?撮影お断りがなかったので、紹介します。
私は彼の作品がすきなんですね。
どこが好きかっていいますと、瀧田氏は「ダリ」が好きとのこと、私もサルバトーレ・ダリのスペインの光と海よ永遠なれ、という感じがとても好きなんです。海の写真がとてもよかったです。
これは時間がなくなったので、あとでゆっくり鑑賞しようと思って撮影しました。これは写真?それとも絵ですかね。e0062635_21564091.jpge0062635_21575028.jpg
[PR]

by sanenbana | 2006-05-18 22:02 | あまみ便り

さねん花が咲いています

今年は沖縄より1日はやく梅雨入りしたのは1週間ほど前だったでしょうか。
梅雨になると、奄美大島ではいろんな花が咲き出します。とくに白い花。
島のオバァたちはそれらの花々を「雨降り花」というんですが、その中でももっとも人気のある花は、やっぱり「さねん花」ですね。
~ オ~マイ、さねん花よ ~ って歌いたくなりますね。e0062635_21392636.jpge0062635_2140725.jpg
[PR]

by sanenbana | 2006-05-18 21:41 | あまみ便り

染物をしました。

早く仕事のペースを戻そうと思い、今日は友人の都合に合わせて、染物に出かけました。藍染を30数点、泥染めを10数点、絞ったり染めたり乾かしたり、おしゃべりをしたり、今日は何も心にひっかるものがないので、楽しい1日でした。

と言いますのは、昨日は、朝までに毎日新聞のエッセーの原稿締め切り、11時からは市内の都市計画の反対者の皆さんと、県の視察団に対して行う陳情に参加、それが済んだら夜に行われるNAZE女性会議総会用の広報部として発行する新聞づくり。まだ未完成なんですよ。午後から原稿の完成と印刷。夕方から会場の準備、総会、さらに懇親会。
懇親会ではビールを飲んじゃったので自転車で帰宅。
帰宅途中、ふわふわとご機嫌だったので友人宅2件をはしごをして、新聞の出来栄えを自慢ぎみにお披露目。
というわけで、ご帰宅は結局シンデレラタイムオーバーでした。

さらにそれから、自宅の団地のまわりをテクテクと2周してから、児童公園の
鉄棒にぶら下がって懸垂といいますか、ただぶら下がっただけだけど、雲の合間から下弦の月がうっすら見え隠れするのを見ながら、肩のあたりのこりと足のだるさを取ってから、ぐっすりと寝ました。
1日って、重なるときはいろいろあるんですね。
というわけで昨日は仕事どころではありませんでしたので、今日はお仕事するのが楽しかった、という次第です。お粗末ながら・・
こんなことばかりしていたら、ほんと、お店がほんとにつぶれてしまいます。
e0062635_2039090.jpge0062635_2039298.jpg
そうそう、朝は青果市場をのぞいてきました。島バナナとたけのこです。
[PR]

by sanenbana | 2006-05-16 20:37 | あまみ便り

のっぽですね

選挙運動に夢中になっている間、ホテルの工事など目にも入らなかったのに、遠くからでもよくみえるようになりました。
ホテル・サンプラザと同じ11階建てだそうですから、全体像をカメラに入れるのはむずかしい。
昨日、ニッカポッカをはいたお兄ちゃんがお店にきたので、何をしてるの、とかビルづくりが好きなの?とか聞きました。
うちの息子と同じ24~5歳ぐらいで、とてもはにかみやさんでした。鉄筋工をやってるんだそうです。
クレーン車が運んだ鉄筋を受け取って、組み立てていくんですよね。人間てスゴイですね。
こういう仕事がしたかったんだそうです。かっこいい!

e0062635_22535156.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-05-14 22:49