<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

本茶(ふんちゃ)峠の茶屋

昔は名瀬市内から空港に行くのに、七折れの坂道をくねくね曲がりながら、つい車酔いなどもしながら行ったものです。現在は国道58号線ができて快適なドライブができるようになりましたが、旧道には桜並木があってなかなかいい感じです。
峠の頂上に、昔は茶屋が2,3軒あったそうです。ただ今は1軒で、予約制です。
今日は友人宅に1ヶ月ほど滞在する方がお二人いらっしゃるというので、歓迎会をしました。
バッチリ島料理で。しかもイノシシの焼肉付きで1500円。
桜も満開で、春うらら(競馬のハルウララもびっくりよ)。
さて写真をとりましょうと思ったら、なんとメモリーカードが入ってませんでした。
私も最近は 春うらうら 気味で困ったものです。
(予約されたい方は、ご連絡くださいませ。おつなぎします。)
e0062635_20552382.jpg
 先日撮ったさくらです。今年も傑作ができなくてムル残念です。
[PR]

by sanenbana | 2006-01-30 20:43 | あまみ便り

これはたいへん

今日はタンカンやポンカンをつくっている農家を尋ねました。
畑に行ってみると、昨年亡くなった方の畑にポンカンの実がなるがままの状態です。
毎年、施設の子供たちを招待してポンカン狩りをしていたとのこと、もったいないですね。
若い甥の方が後継者とのこと、ポンカンではなくタンカンに切り替えたらいいのでは、と話してきました。
e0062635_1931593.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-01-29 19:28 | あまみ便り

ひとつ葉の防風林

知名瀬の集落で、ひとつ葉の防風林をみつけました。
カケロマ島の諸鈍などでは、柑橘系のゲッキツなどを垣根にしていてなかなか風情があっていいものですが、ひとつ葉の防風林もいいですね。
e0062635_19142234.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-01-29 19:14 | あまみ便り

島やさいあれこれ

不断草って奄美に来るまで食べたことがなかったので、島独自の野菜かと思っていたんですが、広辞苑で調べてみたらあかざ科の2年生草本でヨーロッパ原産なんですね。
奄美では、ゆがいてからじゃこのだしで厚揚げなどと味噌煮にします。油と相性がいいので、たっぷりと油を使うひともいますが、ノンオイルでもいい味になりますよ。
e0062635_1838431.jpg

下はフルです。これはにんにくの葉っぱの部分で、球根をとるのとは種類がちがいます。
e0062635_183828100.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-01-29 18:40 | あまみ便り

ホテル建設進ちょく報告

向かいのホテルの進ちょく状況をお知らせします。
本日は、現場監督さんとお話しました。
何といっても姉歯設計士のことが気になりますから、「設計ミスとか、大丈夫ですか~」というのはご挨拶ですよね。
とてもまじめな若い監督さんで、以前は奄美病院を建てたそうです。奄美病院は私の住まいの近くにある精神病院で、ひどいぼろだったのがとても素敵になりました。いろんな賞をたくさんとったのだそうです。ぜひブログに紹介してくださいと、好意的でした。
さてホテルの方は、地面が掘られて基礎工事がはじまりました。来月末ごろに鉄骨が建てられるそうです。姉歯さんは鉄筋だけど、ホテルは鉄骨なんだそうです。工法が違うのだそうですね。違いが分からないけど。
監督さんも一緒に撮りたかったのに遠慮して入ってもらえませんでした。
e0062635_2036863.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-01-27 20:38

桜が満開です。

奄美大島は緋寒桜が満開になりました。
桜の花をきれいに撮るのはけっこうむずかしいのです。まず、樹木が上に伸びて枝が張らないので、なんとなくバサバサした感じになるんですね。
どこかに形のいい樹木はないものかと思っていたら、見つけました。
国道58号線、龍郷町のある会社の入り口の植え込みにありました。きっと手入れをして形を整えているんでしょう。
さっそく何枚か撮ったんですが、みんないまいち。あすもう一度挑戦してみます。
これは本日のピックアップです。
e0062635_12505910.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-01-26 12:51 | あまみ便り

藤かをりさん個展

名瀬市大熊出身で鹿児島在住のアーティスト・藤かをりさんが、カシミアと紬糸を組み合わせたストールの個展を開きました。かをりさんは鹿児島でギャラリー「ふ・ふ・ふ」をやっています。
ふふふのふは布と、?のふがあとふたつ。え~と今思い出せないのでまたわかったらね。
かをりさんが笑ったときの雰囲気がぴったりです。
海からの贈り物・ニライカナイをイメージした作品たちがとてもすばらしかったです。
写真は、妹の
e0062635_11543088.jpg
シンガーソングライター藤あけみさんと。
[PR]

by sanenbana | 2006-01-23 11:56 | あまみ便り

島キャベツ

奄美固有の島野菜というのがあって、島だいこん、島にんじん、フル(にんにくの葉)とかあって島キャベツというのもそのひとつです。島だいこんは小さくてものすごく辛い。ひぃ~っと悲鳴をあげたくなるぐらい辛いんですが、最近は出会ったことがないです。島にんじんも最近はみたことないですねぇ。
島キャベツは、友人が瀬戸内からの帰り道でみつけてきたものを150円で買い取りました。
こんなに大きいけど(丸イスと同じぐらい)、中はスカスカで、切ってみたら7~8枚ぐらい巻いていました。しかもとても柔らかいのです。
豆腐と豚の三枚肉とをじゃこをだしにして煮るのが、島風のおいしい食べ方です。
e0062635_20271910.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-01-21 20:27 | あまみ便り

ねずみの捕獲用カゴはいかが

e0062635_1919464.jpg
私がときどき立ち寄る店で、ご主人がなにやら物づくりをしていました。
「何ですか」とたずねると、ねずみ捕りのカゴだそうです。
昔ながらの何でも屋さんで、植木用の鉢や土、金物などありとあらゆるものが魔法のランプのように出てくるような雰囲気です。
創業約60年、60年といえば戦後すぐということですね。今のご主人のお父さんは発明好きで、この捕獲カゴもなんと特許をとったそうです。
金網と針金をペンチ一丁で作っていくんですね。
遊び半分だからあまり売れては困るというのがいいですね。
e0062635_19203194.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-01-20 19:20 | あまみ便り

山元孝子琉舞道場の発表会

4年に一度、冬期オリンピックの開催年に合わせて発表会を重ねている琉球舞踊の会が、2月5日に奄美文化センターで行われます。
会を率いる山元孝子さんは、沖永良部出身。
10数年ほど前、琉舞のコンクールで大賞をしとめた折に踊った古典舞踊「諸鈍」は、息を呑む美しさでした。私はそれ以来のフアンです。
出演者が総勢100人は越すとか、文化センターの約1500席がたちまち売れきれるというのもすごいですね。
[PR]

by sanenbana | 2006-01-18 10:18 | あまみ便り