<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

マイ作品・琉球絣のジャケット

琉球絣を泥染めしたものでジャケットをつくりました。
背中に1本と右前に紬でパッチワークを入れました。
これは、沖縄の友人のためのものです。
パンツとベストも作ってみました。
e0062635_114178.jpg

[PR]

by sanenbana | 2005-10-29 01:02 | 本日の作品

鉢カバーと巻きエプロン

海岸から拾った流木や、工事現場の廃材などでガーデニングの鉢カバーを作っている人に出会いました。
2.3日前お店にいらして初めて知ったのですが、とてもステキなので紹介します。
道具はノコと紙ヤスリだけ。紙ヤスリをかけるのが重労働っていってました。
そのあとペンキで絵を描くのが楽しいそうです。
淡いグリーンがとてもいいですね。
e0062635_2115823.jpg

今日は私もとても忙しくて、昨日から藍染めの巻きエプロンづくりに必死でした。
巻きエプロンはポケットが命です。
つまりポケットがどう生かせられるか、お客さんにあら ステキって言わせられるかですよね。
1点1点にリキを入れてとりあえず10点つくりました。
宮城(白石市)のギャラリー美器さんが週末に行う創業祭に出品するためです。
タイムリミットは午後7時。クロネコヤマトに駆け込めば、本日の船に乗せてくれます。
10点のつもりが11点ありました。
写真の色がよくありませんが、見てください。
e0062635_21163977.jpg

[PR]

by sanenbana | 2005-10-25 20:59 | あまみ便り

ご来店ありがとう!

このコーナーでは、当店にご来店くださった旅行者の方を紹介させていただきます。
はじめての方も、もう何度も来ている方も、奄美の印象など、よかったことも一言注文ありでもなんでも書き込んでくださいね。
昨日の11月22日、東京からいらしたお二人です。
泥染めの渋いブラウスやスカートが多い当店では、衿元のアクセントにインドシルクの羽のようなストールを用意してあります。
お二人は、あれこれ選んで楽しんでくださいました。
また いも~れよ(またいらしてね)
e0062635_22543585.jpg

お買い上げもありがとうございました。
[PR]

by sanenbana | 2005-10-23 22:54 | あまみ便り

奄美レポート3

横須賀市のT・Yさんから奄美レポート3がとどきました。
彼女の感性はじつに新鮮です。
年齢は重ねても年をとらないタイプの感性の持ち主ですね。
スキャナーがないので、デジカメで一部紹介します。
e0062635_2046861.jpg


ついでに私の似顔絵も書いてもらいました。ちょっと強引にせまってね。
e0062635_20485937.jpg

[PR]

by sanenbana | 2005-10-19 20:50 | あまみ便り

桑の実

桑の実が真っ黒になっていました。
黒い実に手を触れるとはらはらと落ちてきました。
e0062635_20551668.jpg

うわ~どうしよう、ザルがあればいいのに、たくさんとってジャムを作りたいのに、と思ったけど、
何もなかったので、みんな食べてしまいました。
甘くてとてもおいしかったです。
[PR]

by sanenbana | 2005-10-18 20:56 | あまみ便り

なかよし姉妹

今日は、お店の前で掃除をしていたら、向こうの方から小学生ぐらいのおばあちゃんが2人、手をつないこちらにやってきました。
これからバスにのって「奄美パーク」まで見学に行くんだそうです。
「家にばっかりおったら、ボケるもんね」といってました。
お店のまえに座ってはい、記念撮
e0062635_20424676.jpg
影で~す。
[PR]

by sanenbana | 2005-10-18 20:42 | あまみ便り

諸鈍のデイゴの木

e0062635_20201848.jpg


カケロマ島諸鈍にある大きなデイゴの木です。

~諸鈍長浜にうちゃげるなみや
      諸鈍めわらびのわらいはぐき~

という島唄がありますが、これは諸鈍長浜に打ち寄せる波は
                    諸鈍の乙女たちが笑ったとき歯並びのようにうつくしいよ~

といういみです。

デイゴの並木は琉球王国の時代、マーラン船がデイゴの木を目印にして入港したといわれています。
人物がこんなに小さくみえます。 
[PR]

by sanenbana | 2005-10-18 20:31 | あまみ便り

カケロマ島へ

10月3日 カケロマ島へ。
e0062635_14513100.jpg

朝、8時10分古仁屋発のフェリーに乗って、約半日のコースでした。
イキンマ(生間)~諸鈍~徳浜~安木場~スリ浜~呑の浦~於斉~
勢里~瀬相と走りました。

案内人は、加計呂麻島諸鈍 カケロマドットコムの寺本薫子さん。
カケロマ島をすべて、ガイドしてくれます。
      http://www.kakeroma.com
それにしても
カケロマ島に住んでいる人はみんないい顔してました。

フェリーカケロマがドッグ入りのため代船でした。
当日は旧暦の9月1日。おばあたちは花を持参して生まれジマに墓参りにいきます。
今日は花のかわりにクロトンでした。1日15日はご先祖さまの供養をかかさないのも、
奄美百選のひとつです。
e0062635_1424070.jpg

[PR]

by sanenbana | 2005-10-05 13:27 | あまみ便り

日曜夕遊市

名瀬市大熊(だいくま・本来はデックマ)集落は、昔ながらのかつおの漁港です。宝勢丸と金鉱丸というかつお船を共同組合制でそれぞれ運営しています。
男連が水揚げしたかつおやしび鮪は、女連が刺身にさばいて売ってくれます。かつおが獲れたら、こいのぼりならぬかつおののぼりが立つので、夕方になるとみんなそののぼりを見て対岸から車を走らせるというわけです。
今日は台風18号の影響でかつおの収穫はありませんでしたが、なんと夕遊市というのが立っていて、かつおがたっぷり入ったデックマうどん(200円)がありました。
うどん200円もいいけれど、テーブルの上にはいろんな島料理があって次々とすすめられ(みんなタダですよ)、いつの間にかおなかがぱんぱんになってしまいました。
仕掛け人はデックマ出身の保宣夫(よしお)さんです。
e0062635_2042690.jpg

保さんは名瀬市議会議員さんでもあります。
こんなところで島料理を食べながら、島唄を聴くのもすごく風情がありますね。
ここも佐竹選奄美百景のひとつで、観光コースに入れたいスポットです。
[PR]

by sanenbana | 2005-10-02 20:49 | あまみ便り

大笠利のカトリック墓地

ずいぶん久しぶりに笠利路を走ってみました。
奄美大島の北部、笠利町の太平洋側に面した大笠利集落は、奄美のなかでもカトリック信者さんの多い集落です。明治の初めころ、薩摩藩に痛めつけられた奄美人の心のケアを目的にして有識者たちが招聘したキリスト教は、フランス人宣教師フェリェ神父の来島によって、まるで砂が水を吸うような勢いで信者さんが増えていったといわれています。昭和に入ってから軍部のきびしい弾圧を受けるとも知らないで・・・
たくさんの十字架にはそれぞれ、言い尽くせないほどの物語が眠っているはずです。
                                                
e0062635_14492840.jpg

  写真は奄美百景のひとつ(佐竹選)です。
[PR]

by sanenbana | 2005-10-02 14:49 | あまみ便り