カテゴリ:あまみ便り( 458 )

山田洋次監督・追記

山田洋次監督の謎に迫る・・・というと大げさですが、「男はつらいよ」48作の初回は、テレビドラマだったそうですね。
寅さんが初回のドラマで、なんと奄美大島の毒蛇ハブ公に咬まれて死んじゃうところでドラマを終わったら、抗議の手紙や電話が殺到。
なんで寅を殺したんだ、生き返らせろ、というような内容だったそうです。

テレビで一旦死んでしまった主人公を生き返らすには、映画にしてはじめからやり直す以外ないね、ということになったようです。
ところが、会社の松竹は、小津安二郎監督の「東京物語」などの上品な映画が主流なので、寅さんのような、学歴もない職業もテキヤなどやってるようないわば下層階級のお兄さんでは・・・と製作には反対の声があってなかなかOKが出なかった。

しかし、山田監督は渥美清というコメディアンに出会ったことで、がんばったわけです。
渥美清に出会わなかったら寅さんは生まれなかった。
そして愛すべき寅さんが生まれる元になっているのが、山田監督の生まれ育った時代と密接に関係があるのではないでようか。

監督は満州引揚げをしています。
終戦直後、焼け跡闇市のなかで、監督は中学時代から兄さんとアルバイトをしながら東大法学部を卒業しているんですが、中学時代のアルバイトは建築現場の作業員とか、進駐軍の汚物運び、それもバケツに放尿した外人のおしっこを天秤で担いで始末する仕事などだったようです。
「飛び散るし、臭いもしますし・・・」

そんなとき、作業に必要なことは腹から笑える「笑い」だった。
たいがいは品のないシモネタで、中学生の山田兄弟はからかわれながらもそれがちっとも嫌ではなかった。からかいから笑いが生まれ、みんなで笑いを共有することで、無事に1日の仕事を終える。その清清しいほどの喜び。

寅さんシリーズに通底している笑いは、組合などのないいわば無組織労働者人たちに欠かせない、生きることに必要な「笑い」なのではないか。
山田監督はそんな人たちをこよなく愛してやまないのです。

まだまだ言い足りませんが、本日はこのへんでおしまい。
[PR]

by sanenbana | 2008-08-31 11:47 | あまみ便り

山田洋次監督来る

e0062635_2021159.jpg

今年は「男はつらいよ」の渥美清さんの13回忌なんですね。

先日、東京のお客様とカケロマ島に行ったとき、シマのあちこちがなんとなく色めきたっていましたが、どうやら浅丘ルリ子さんがいらしてたようでした。
あとで、友人のブログをみて知ったのですが、同じ日にカケロマを走っていてすれ違い行きちがいをしていたようでした。

渥美清の13回忌に、48作目の「男はつらいよ」の舞台になったシマに立っておきたいと思って監督の山田洋次さんもいらしたようです。

奄美文化センターで、「平和・いのち・家族」というテーマでの講演があるというので、私も仕事をバイトさんに頼んででかけました。

山田監督の渥美さんへの思いの深さが伝わってくる講演会でした。

先日もNHKの深夜放送で、渡邉あゆみさんのインタビューで山田洋次監督がでていましたが、インタビューもすごい。(私もこんなインタビューがしてみたいです)
思わず、ふとんから起きだして正座してしまいました。
終わったら3時だった。

話を聞いていて、すごい人といのは簡単には年をとらないものなんだということに気づきました。
[PR]

by sanenbana | 2008-08-29 20:25 | あまみ便り

オオヤドカリ

e0062635_20101148.jpg

奄美大島では、ヤドカリのことをなぜか「アマン」といいますが、久しぶりに出かけたお食事やさんに、こんなに大きなヤドカリがいました。
奄美大島も原油高の影響で市場に魚が入らないのに、こんなヤドカリが網にかかったらしいうのです。

そのくせ、ヤドカリのご馳走に刺身の切り身がのっていました。
オオヤドカリが刺身を食べるって聞いたことないよ~
わさびと醤油がないんではないの~
[PR]

by sanenbana | 2008-08-28 20:12 | あまみ便り

十五夜唄あしび

毎年、奄美文化センターの野外ステージで行っている「十五夜唄あしび」の案内がきました。
お店の営業に差し障るので、できるだけ案内するだけにしたいところですが、今年はどうもがまんができそうにありません。

中二階にある野外ステージはすり鉢型の円形ステージで、唄あしびには焼酎や手づくりのおつまみも出て、みんな和気あいあいです。
旅のかたもぜひお出かけくださいませ。
9月6日(土)・PM7時から9時まで
入場料1000円(当日1200円)
e0062635_11595593.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-08-23 12:01 | あまみ便り

8月の海

龍郷町倉崎海岸の海が輝いていました。
レストランのガラス越しに撮りました。
同じ海なのに、こんなにちがう・・・

e0062635_1171435.jpg







e0062635_1173844.jpg








e0062635_119084.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-08-23 11:11 | あまみ便り

NHK紅白歌合戦に奄美の歌を出そう!!

奄美からNHK紅白歌合戦に誰かを出そうよ!
と言って、なんとバルセロナオリンピックで金メダルを取った柔道界の重鎮・古賀稔彦さんを引っ張り出した人がいます。
セントラル楽器の社長・指宿正樹さんです。
e0062635_19442791.jpg

これは車に貼るシートですが、なんで柔道の古賀さんかといいますと、これには深いわけがあるんでよね~

指宿社長の出自は徳之島。
徳之島には、昔、柔道家の徳 三宝(とく さんぽう)というたいへん有名な方がいました。
この徳三宝さんをたたえる歌を作詞作曲して、さて誰に歌ってもらおうかといことになったとき、
たまたま朝日テレビの報道スティーションで、バルセロナで金メダルを取った古賀さんの秘話が報道され、指宿社長はいたく感動。その場で、歌手ならこの人だ!と決めたそうです。

それからどんな時間がながれたんでしょうか。
古賀さんは、私は柔道はやるけど歌手ではないからという再三の辞退を押し切って、本日の運びとなったわけです。
古賀さんは北京オリンピックから奄美に直行したとか・・・

なんというフルムン!(フルムンとはふれた人・つまりとんでもないことをする人)
私だって、応援しないではいられませんよ。
指宿社長には私もいろいろお世話になっているんですから、さっそく出かけてきました。

e0062635_19445866.jpg

「柔道一代 徳三宝」を熱唱する古賀稔彦さんと
応援団の結団式でした。
団長は元瀬戸内町町長の義永秀親氏。
熱血漢はいいけど、軍歌なんか飛び出しそうで、ちょっとこわ~!8月16日
e0062635_19452066.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-08-22 20:30 | あまみ便り

菅 洋志写真展

写真家の菅洋志さんの写真展が、奄美パーク・田中一村記念美術館で開催されています。
e0062635_18401679.jpg

会期は8月13日~9月5日
タイトルは「菅洋志写真展 奄美・シマに生きて」


e0062635_18405394.jpg

初日の13日は菅さんのフィルムレクチャーがあり、私も定休日なので参加できました。
菅さんとは3年ほど前にお会いする機会がありましたが、3年ぶりにお会いしてみると、たいへんスリムになっていらっしゃいます。

写真を撮り始めた40年ほど前のネパールの写真も展示してあり、アジアをみつめてたどり着いたところが奄美だった、というかかわり方がステキだと思いました。
奄美、といってもカケロマ島がほとんどですが、何が一番いいかというと、何よりも人(ヒト)。
カケロマで出会った人々とのなんともいえない出会いの数々が、たまらなく好き、って感じでしたね。ほとんど恋をしていましたよ。


写真集のタイトルも
「菅洋志・・・奄美  シマに生きて」
です。新潮社刊 3780円(税込み)
e0062635_18385790.jpg



e0062635_19322292.jpg

サインもかっこいい!
[PR]

by sanenbana | 2008-08-22 18:47 | あまみ便り

長崎原爆の日

8月6日はヒロシマの原爆記念日ですが、本日はナガサキの原爆記念日でした。
奄美には長崎で被爆した方々がたくさんいらっしゃいます。
15年ほど前私が、奄美の女性史をやるきっかけになったのが、この被爆者の女性たちを知ったことでしたが、毎年、被爆者友の会で慰霊祭を行っています。

年々高齢化が進み、15年前には300人以上いた被爆者の方たちが、今年は150人に招待状を出して40人しか出席できませんでした。
主宰者の方たちも同じ高齢者です。
どうやら今年で慰霊祭をやめるらしいという話をお聞きしたので、私も何年かぶりに参加させていただきました。

e0062635_2147337.jpg
(ホテルの会場には空席が目立ちました。)
行って見ると、3歳のとき被爆したという友人がいて受付などをしていましたが、あとは報道関係者が10人ほどと、来賓席に平和センターの人と市議が一人座っていました。


e0062635_21481041.jpg
(午前11時2分、豊田サチエさんのアンジェラスの鐘に合わせて、1分間の黙祷をしました。)

新聞記者のひとりが、私をみつけて、
「行政が誰もきていないのはおかしいですよね」と言ってます。
「奄美市は非核三原則も採択しているのに、市長もノー天気ではないの?」とプリプリ。
ほんとにそうですよ!


e0062635_2149866.jpg
(左・黙祷のあとは「長崎の鐘」をみんなで歌いました。
下は
17歳のときの被爆の体験を語ってくださいました。63年、被爆者の方たちの時間は止まったまま時だけが流れていることを思い知らされます。)





e0062635_21501183.jpg

長崎には福田さんでさえ,昨夜はオリンピックの開会式に真夜中まで参加していたのに、ちゃんと参列してますよ。
なのにウチの市長さんは何しているんでしょう!


e0062635_21513743.jpg




e0062635_21522741.jpg
平均年齢80歳になるのに、市の福祉課さえも何もしない。
平和センターのお兄さんたちは来賓席。
私も今までほったらかしていたことが悔やまれてしまいました。
このままではいけないのです。
大きな宿題をもらった気分です。

e0062635_21535936.jpg
さあ~みんなで集合写真を撮りましょう)
e0062635_21544735.jpg
(やっと揃いました・・・)
[PR]

by sanenbana | 2008-08-09 21:56 | あまみ便り

北京オリンピック開催desu~!

こんばんは~

いよいよ北京オリンピックの開催日になりましたね。
今夜は早仕舞いして、9時にはテレビ桟敷に座ることにしましたっ。
どんな仕掛けがあるか、とても楽しみですね!

みなさんもビール片手に、もう準備万端かな?

ではでは、ごきげんよう。
[PR]

by sanenbana | 2008-08-08 20:00 | あまみ便り

本日のお客様

朝から旅行者の方がたくさんいらしてますよ。

神奈川県の若いご夫婦と子どもたちは、今日はもうお帰りの日です。
レディスのTシャツや泥染めの手ぬぐいを選んでくださいました。

夕方までの1日をどう過ごそうかな~とのこと。
金作原原生林と大浜海浜公園がまだなので、行ってみようといってるうちに、突然の雷とどしゃぶりの大雨になってしまいました!
あまりムリなさらないで、またいらしてくださ~い。

若い男性の友人同士は、まっぷるマガジンを見てきました、とのこと。
紬のお守りをみつけました。
今からTシャツを泥染めしてから空港に走るそうです。
ガンバレ!

車椅子の奥様とご主人。
与論島から島伝いにきて、今晩の船で喜界島にいくそうです。
紬の印鑑入れを3個、お友だちのお土産をゲットしました。
いつも二人で、こういう旅をしているんだそうです。

タクシーが止まったら、外人さんが二人。
アメリカ人の女性とイギリス人の男性です。
二人とも鹿児島市の英語の先生で、日本語がとても上手で助かりました。
アマミの海はきれい!きれい!と感激。
アマミに住みたい!とのこと。
写真を撮るヒマがありませんでしたが、楽しい一日でした。
[PR]

by sanenbana | 2008-08-07 21:09 | あまみ便り