ほのまるさんでの展示会

3月20日~31日までの展示会「奄美大島 佐竹京子 藍染・泥染作品展」の後半、27日~31日のうちの3日間(28日~30日)を、高知県香南市野市町の「ほのまる ハートアートギャラリー」さんにお邪魔してまいりました。
同時開催は、香川県観音寺市の にのみやあ~とさんの「とんぼ玉展」で、ちょうどギャラリーの半分づつを使わせていただきました。

まずは開口一番、行って良かった!

のひとことに尽きます。
e0062635_1993154.jpg

ほのまるさんのオーナー水田哲也氏の本業は一級建築士さんで、
「ARK建築設計事務所」の代表取締役でもあります。
ARKとはどんな意味ですか、との問いに、歩く(ARUKU)のARKとのこと、そのイメージだけで建築の仕様の様子や暮らし方が伝わってくる思いがしました。
とてもステキな建物です。左手がギャラリー兼、奥様の啓さんがやっているカフェレストランで、右手がご自宅です。

下はギャラリーの中で、お二人に立っていただきました。
お似合いのご夫婦でしょ。
e0062635_1995119.jpg


e0062635_19264937.jpg

こちらはカフェレストランで、窓の向こうは物部川です。
着いた日には、物部川で捕れたうなぎをご馳走していただきました。
皮がかりっとして美味しいうなぎでした。

1級河川なので、広々してとても眺めがよかったです。
窓からは、河原でゲートボールに興じている年配の方々が見えました。
e0062635_1928438.jpg

最終日には高知テレビの取材が入り、啓さんはてんてこ舞い。
なのに、明るくてよく働く人です。
高知の女はよく働くんだそうですが、納得なっとくでした~。

e0062635_19334991.jpge0062635_19341392.jpg
こちらは毎日、観音寺市からご夫婦で通ってきた「とんぼ玉」さんです。
私も教えてもらってとんぼ玉のチョウカかしら、ネックレスかしら?つくらせてもらいました。
e0062635_19434913.jpg

1500度のバーナーでガラスの棒を焼いていると、飴のように柔らかになったものを巻き取りながら形を作っていきます。なかなかむずかしいものですね。

さて、本場奄美大島紬の威力はどうだったでしょうか。e0062635_19495529.jpg
e0062635_1951136.jpg






e0062635_1953710.jpg

左手の写真の3番目の真っ赤な紬のストールお買い上げ!
レストランの常連さんで、今年81歳のダンディーなおじさまでした。
このおじさまは、私が来る前に、紬のベストもお買い上げくださったそうです。
ベストとストールを着けているところを撮りたいですね。

e0062635_19562138.jpg
e0062635_1957488.jpg

紬糸で編んだストールも大好評でした。
これは編んだあとに泥染めをしています。

たくさんの宿題もいただきましたが、
土佐の高知はいい所デス。

またぜひ呼んでくださいませ~
ほんとにお世話になりました。
ありがたさま~ありょうた~!(ありがとうございましたっ!)
[PR]

by sanenbana | 2009-04-01 20:17 | さねんばな情報