朝、7時半開店しています

3月1日から、8時開店にします。
と、宣言して私は旅行にでかけましたが、小物づくりと早起きが得意の主婦のバイトさんが、
留守番を兼ね7時半からお店を開けてくれることになりました。

向いのホテルのお客さま方が、開店を待ちわびて、閉まっているお店の写真などを撮って帰られたよ~
というタクシーの運転手さんのお話に胸きゅんでした。

何もかも自分一人でやってのけようとするから無理が生じるのであって、
よく見ると、人は適材適所にいるものですね。

主婦のバイトさんのお宅にも変化が生じています。
4人娘の上2人は双子ちゃんで、高校時代は揃って不登校をしていました。
そんなときに、当店の小物づくりをしてもらったところバツグンのセンスでした。
1cmにも満たない紬の小裂れをつなぎ合わせて、お守り袋を作ってくれたり、とにかくなんでも仕事になるものは嫌がらずにしましたね。

通信教育で高校を卒業したとたん、彼女たちは島を飛び出しました。
そして成人式の時は、二人揃って自分で着物を購入し、22歳で二人とも結婚。
それぞれ子どもも生まれて、今はおかあさんです。

いや~びっくりたまげました。
何しろ、知り合ったころの二人は、息をしているのかいないのか分からないような、
この世の人よりあの世の人みたいな、
柳の下にすう~っと消えてしまいそうなお嬢さんたちでしたから・・・

さて、3番目の女の子も小学時代からの不登校児。
この子は絶対音感が優れているんですが、まあ~この子も柳の下にすう~っとの系でした。

それなのに、
4番目だけがやけに元気がよくて、皆勤賞をもらう子でした。
その4番目が今度大学に推薦入学しました。
建築工学部だそうで、宇都宮の国立大学へ入学するんだそうです。

3番目は今年20歳。
するとこの子ににも変化が。
なんと先日私が上京する日に一緒に上京して、上のお姉ちゃんの家に行くことになったんです。
ものおじなどみじんもないし、ブラウスと上着だけなのに、東京の風を寒がらない・・・
涼しい、なんていってました。

そして4月には、4人目も出てしまいます。

残されるのは主婦の彼女と夫さん。
夫とふたりだけで持つかしら・・・というのが彼女の気がかりです。
島にきたばかりの頃、仕事のことで気に入らないことがあって、
取ったばかりの運転免許証を捨ててしまったという人ですから、
仕事を見つけるのがたいへんなんです。

ま、とにかく大学はお金がかかるから、あなた働きなさい!
ダンナの文句ばかり言っても仕方ないよ。

というわけで、朝7時半開店がすんなり実現したという、小話でした。
私はいつも通り、9時ごろ出勤させていただきま~す。

おあとがよろしいようで。
[PR]

by sanenbana | 2009-03-05 21:16 | さねんばな情報