私の居場所

小さい子どもの頃から、部屋の片隅を陣取って、お人形づくりや人形の洋服づくりなどが好きで飽きもせず時間を費やしていたものですが、こういうことって、その人の習性というよりは特性というべきものなんでしょうね。

今ではすっかり面影がなくなってしまった私の実家には、家のまわりにポプラの木が数十本あって、夏はテラテラと輝いていた葉っぱが、秋になると黄色になって落葉するわけです。
その黄色の葉っぱがいとおしくて、拾い集めては宝物のようにしていたことが思い出されます。
陽だまりにはびっこ(今はこんな言い方をしてはいけない・・・)のトラ猫もいました。
縁の下には、弱虫のイヌのポチもいました。
大きなイヌが来ると、ポチはすぐに縁の下に逃げ込み、トラ猫がその前に仁王立ちして逆毛を立てて大きなイヌを威嚇してポチを助けていました。
私は、このトラ猫を密かに尊敬していたものです。
イタチ捕りの罠にかかって、足を一本切断されてしまったので、母が手当てして治しました。

あらあら、とんだところに迷い込んでしましたが、私のこのちまちました特性は、やっぱり今もってかわりませんね~
狭いお店の一隅に陣取った私の居場所を紹介しますね。(かなりひどい!)
e0062635_10422568.jpg



ノートパソコンは朝と夜に開けます。
FAXからはポンカンの注文書が流れてきました。
背中の後ろには、ミシンが2台あります。
直線縫いとロックミシン。
丸い回転椅子。
アイロンと湯沸しポット、飲みかけのコーヒーかお茶。
デジカメに霧吹き、めがねが2個、遠目用と近目用は最近はやりのめがねです。
e0062635_10443186.jpg



物差し3本にメジャー。
机の前には小型の冷蔵庫。冷蔵庫の扉にカレンダー。

そんなわけで、この空間があるから私がいるんでしょうね。
ただ今、タイ制の洋服がよく売れていますが、だんだん品数が少なくなってくると、売れ残っている洋服の傾向がわかります。
つまりあまり魅力的でないものが、後回しになるんですね。
そこで登場するのが、私の知恵なんです。
この洋服に、どんなアレンジをしたら魅力的になるかな~というわけですね。
50%値引きして放出するよりも、私もきれいにしてよ!って言ってる洋服に、息を吹き込む方がぜったい楽しいんです。
そんなわけで、作りかけの洋服や、小布の山。

こんな空間っていいでしょ。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。
[PR]

by sanenbana | 2008-12-19 11:16 | さねんばな情報