敬老の日

本日は敬老の日ですね。
奄美では、昨日が旧暦8月15日の満月で、豊年祭と敬老会が一緒に行われたようです。
あいにくの雨降りで、丸1日中やむことなく降っていたような気がします。
本日の新聞には、豊年相撲の打ち出しのふんどし姿の若者たちが雨に打たれているのが載っていました。まさにアメニモマケズですね。

ところで、奄美の長寿について新聞の受売りをお知らせします。
まず、奄美群島12市町村123050人の人口で、
100歳以上が130人(男性20人・女性110人)
最高齢は女性で110歳、男性106歳です。どちらもお元気です。
今年の新100歳は61人(昨年度より11人増)とのことです。
人口10万人当たりで105,65人で、長寿世界一の沖縄県よりはるかに多いんだそうです。
つまり地域別にみたら、奄美は最高の長寿島になるわけです。

さて、本日朝のNHKテレビに、100歳にして現役のみなさんが出ていらっしゃいましたが、年の取り方がやっぱりみごとですね~
ピアノを弾きながら「からたちの花」を歌っていた方や、ストレッチ体操を披露していた方など、ステキでした。

さてはて自分の生命と長寿、どうなることでしょうか。
美しく老いて、海の泡のようにさ~っと消えたいものです。人魚姫のようにですね。
みなさんはいかがですか。
[PR]

by sanenbana | 2008-09-15 12:00 | あまみ便り