ネパリ・バザーロとインド綿

奄美はそろそろ雨季に入りそうです。
蒸し暑くなると、恋しくなるのがインド綿のブラウスやパンツですね。
今日も(先日も)地元のお客様が、インド綿のブラウスないねぇ~と言って下見にみえました。

当店では、3年ほど前からインド綿に取り組んでいますが、今年も夏はインド綿をたくさん仕入れようと思っています。
インド綿なら「さねんばな」だよ、のイメージも定着してきたんですよね~
藍染めTシャツなら 「藍魂」も さねんばな ですよ~

本日の藍魂ご購入のお客様は、
若いお嬢さんと私ぐらいのおねえさんでした。

若いお嬢さんは、あれもこれも気に入って、ロイヤルブルーのタンクトップ(サンゴ礁)と、カジュアルのホットピンク(奄美のひかり)。悩んでいる姿が可愛かったので、おまけしちゃいました。
私ぐらいのおねんさんは、昨年も泥染めのシルクストールをお買い上げくださった方です。
東京の方のようです。
マネキンが着けていたターコイズブルーのタンクトップ(サンゴ礁)の色がお気に入りでした。

さて、当店では、2~3年前から、一度はしてみたかったのが、フェアトレードの商品です。
支援から自立へ~をキャッチコピーにして、ネパールの女性たちと日本の女性たちが商品開発をしてきたネパリ・バザーロの商品に取り組んでみたいとおもっています。

インド綿とはまたちがった風合いのネパールの布と小物たち、紅茶やカレーなど、みんながうれしそうに飛んできそうな気がします。
[PR]

by sanenbana | 2008-05-09 21:11 | さねんばな情報