高校生画家の絵

神戸の友人、大橋愛由等(あゆひと)さん(愛と自由と平等を謳ったフランス革命から名付けられたとのこと)の奄美冬紀行は、毎年今頃行われます。エラブ・徳之島・奄美と回るのが定番のようで、最終日は島唄と島料理の「かずみ」で打ち上げ。
毎年、誰かを同伴して来ます。今年は高校3年生の野口 毅君とお母さんが一緒でした。
野口君はいわゆる自閉症児です。なかなか言葉がでないかわり、色に対してびっくりするほどの興味を示したそうです。環境に恵まれて毅君はすくすくと育ちました。
e0062635_130450.jpg

  画集・色と遊ぶ(蛍光灯が光ってうまく撮れませんでしたが・・)
e0062635_1303478.jpg

私も久々の「かずみ」で島唄と手踊りを楽しみました。
下は野口君とお母さん。お母さんはフラワーアレンジメントの先生です。
e0062635_1305355.jpg

[PR]

by sanenbana | 2008-01-25 13:01 | あまみ便り