1年の計

みなさん、今年の1年の計は立てましたか。

小学校3年生のころ、自転車に乗れるようになるのを今年の目標にしたんではなかったかしら。
当時は大きなごつい自転車でしたから、まずペダルに足を掛けて三角乗りから始めたはず。転んで膝小僧を擦りむいたりしながら、やっと乗れるようになったときは、我が家の背景にデンと座っている蔵王のお山が褒めてくれたような気がしてうれしかったですね。

次に車の運転免許を取ろうとしたのは、43歳のときでした。
40歳で息子を産んで、41歳で10年暮らした夫と離婚、人生真っ暗闇のような時間を通り過ぎたら、なんとそこには明るい未来があるような気がしてきたものです。
車の運転免許を取ろう!と思い立ちました。
1ヶ月間、息子を昼は保育所、夜は友人にみてもらって、夜となく昼となく教習所に通いめでたく合格したときは、ほんとうにうれしかった!
さっそく、教習車と同じ型の中古車を購入して運転開始。私の後ろには3歳の息子がいつも立っていてくれた。発進のたびにガクッ、ガクッとなったりエンストなんかして冷や汗三斗ものでしたが、息子は「ドンマイドンマイ、おかあしゃん、だんだんうまくなってきたよ~」なんて応援してくれましたっけ!

パソコンを覚えようと思ったのは、数年前です。
これは実に頑迷でやっかいな代物でした。器械ものに対する拒絶反応がこんなにもひどかったなんて・・・



パソコンを好きになるにはどうしたらいいの?っていうまず入り口の整理が必要かもしれませんね。ただ今、「奄美市IT企業塾レボリューションズ」という8日間の集中講義を受けにいってますけど、(4日間は終了。来週また4日間です)だいぶ頭の頑固さから開放されてきたかなあ~頑迷でやっかいなのはじつは自分自身だったかな~なんて思えるようになりました。

講義はいわば経営哲学とITの2本立てで、ITの方は、はがきサイズ4ページのパンフ作りと、HPの作り方のようです。パンフづくりは、何やらいろんな形のアイコンをあ~してこ~してというクリックの積み重ねですが、さてどこまで自分のものにできますかですよね~。
なんだ頭のいいヤツがヒマに任せてこねくり回しているんではないはないの?なんて思えるようになればしめたものかも知れませんね。

パソコンアレルギーからの卒業が、今年の1年の計なのであります。
[PR]

by sanenbana | 2008-01-12 12:06 | 私的なおしゃべり