アマミノクロウサギの悲願

みなさんもテレビやラジオのニュースでご存知かと思いますが、国の天然記念物に指定されているアマミノクロウサギの屍骸が、なんと山深い林道やその周辺で11匹も見つかりました。
そのうちの8匹は、野犬によるものだそうです。

夜、林道を走ったりすると、野猫、野犬があちこちにいて、すごく気になっていましたが、こういう形で被害がでたんですね。
飼育放棄した飼い主が、森の中に放置していくからなんです。

奄美大島は今、世界自然遺産に登録しようという動きがありますが、これでは失格ですよね~
先日のNHKのドラマ、「ジャッジ」では島のよさを観て貰ったばかりなのに、これはなんとかしなくちゃ~ですね。

何万年も前からこの島に棲み続けてきたアマミノクロウサギを絶滅させたらいけません。ウサギさんたちの悲鳴が聞こえてきそうです。
[PR]

by sanenbana | 2007-11-16 10:59 | あまみ便り