奄美市議選の真っ最中

奄美市の合併に伴う市議選がやっと始まりました。財政破綻の予備都市と言われながら、43人のマンモス議会は1年8ヶ月をたっぷり任期満了で終了しました。
議会の解散を促す市民運動の甲斐もなく、昨年、市長選で市民派の応援をした議員のなかにも最後まで解散に反対した議員もいて、ほんとに怒り心頭に発する思いをしました。議員を辞めるかわりに任期満了お勤めします、ということのようでした。こんな議員が市民派選挙だなんて
お笑いですよね。

そんなわけで、奄美市議選は10月28日が投票日となりました。
21日が告示。26議席に28人の候補者です。

奄美はただいま、都市計画の区画整理事業や、トンネル工事事業、マリンタウン計画など、財政破綻に拍車をかけるような事業計画にゴーサインが出ていますが、私たち市民運動が工事に待ったをかけている最中です。
そして、6年前から区画整理事業に反対している市民派の人が立候補したので、なんとかこの人を当選させねばというわけで、私も午後は選挙カーに乗って、少々年をとったウグイス嬢をすることにしました。

選挙といえば、名前の連呼ばかりする候補者が多い中、私たちはともかく政策を訴えましょうと政策一本です。路地路地に車を止めて、候補者が演説をして政策を聞いてもらうという戦略です。しかしなんといっても素人の選挙ですから、果たして結果はどうかとても心配です。

昨年は市長選で負け、今年の7月には参議院選で負けたので、今度こそ勝利したいものです。
がんばるっきゃないですね。
[PR]

by sanenbana | 2007-10-23 20:49 | 活動報告