現場検証

先日事故った現場を検証してきました。e0062635_10311785.jpg
検証だなんて大げさですが、コンクリートの上の段から飛んだところ、下のコンクリートの端に着地したんですね。そのコンクリートと車道の間が約15cmぐらいの段差になっています。平面だったらぜんぜん大丈夫だったはず。低くなっている車道にアスファルトで急傾斜を作っている途中でしたから、たぶん、工事が完了していても、私はやっぱり足を取られたと思います。歩道を広くするのはいいんですが、その分車道が狭くなって、へんに圧迫感があって気になっていました。

道向いで薬局をしている友人が、「この道づくりは、そのうち誰か事故るよね」と太鼓判を押してたんですよね。まさか私がその第1号になるなんて・・・誘導尋問に引っかかったみたいですよ~。

しかし考えてみれば、歩道より車道が優先という時代にも、見直しするときがきたということですね。つい、車に乗ってしまう生活習慣を、歩道が完成したらできるだけ自転車通勤にしましょうか。

いろんな方からお見舞いのメールやお電話、コメントいただきました。ありがとうございました。
捻挫が軽かったのと処置がよかったのとで、もう大丈夫です。昨夜から散歩も再開しましたので、ご安心くださいませ。
[PR]

by sanenbana | 2007-10-15 10:35 | 私的なおしゃべり