あまみ、愛(かな)しゃる展開催

すっかりご無沙汰しました。
選挙前から計画中だった展示会を開催しています。
その名も「あまみ・愛しゃる展」(かなしゃる)と読みます。
愛くるしい、とかいとおしいという意味で、東北なら「めんこい」ということばの意味に似ています。
愛しゃんちゅ、といえば愛おしい人ということになります。
参加者の皆さんは、みんなそれぞれ自分が一番と思っていますから、こういう話になるとワ~ッと賑やかになりますよ。
e0062635_16112797.jpg

みんなで記念撮影。


e0062635_1612749.jpge0062635_16134736.jpg






左 「久美子の組みひも」の久美子さん紬屋のおかみさんです。紬のあまり糸で織った帯締めはとてもシックです。
右 シルク化粧品のつる美さん。私もシルクの成分を抽出したシャンプーを使ってみましたが、しっとりしてとても優しいですね。



e0062635_16145384.jpge0062635_16154235.jpg





左 海ぶどうを養殖して、築地の魚市場にも出荷している満田さん。彼女は2級建築士の資格もあります。地下足袋履いて屋根に上るのが大好きなんですよ~

右 大島紬に魅せられて18歳から奄美ぐらしで機織一筋の織姫さん。機織の合間に小物づくりが大好きな、じつは道産子ですよ!
[PR]

by sanenbana | 2007-08-06 16:16 | さねんばな情報