投票日です。

いよいよ参議院選の投票日を迎えました。
政治を変えるのは、国民の一人ひとりがどう未来を描くか、どんな国にしたいかといういわば「思い」の強さや深さの結果だとおもいます。
どうせ、誰がやっても同じだろうと言っていればそういう国になっていくし、こんな政治はおかしいという批判と同時に、未来を思い描く想像力も大切なことだと思います。
民主党が「叶よしかず」に託したのは、奄美を地方再生のモデル地区にしたいということでした。
現在の民主党に私はまだまだ非常に懐疑的ですが、信頼できる個人を国会に送っておくことはそれだけでも、未来を引き寄せることになると思っています。
政界はこれからまだまだ再編されることでしょう。
明治維新に匹敵するような改革が行われなければ、日本は世界中から信頼を取り戻すことは出来ないと、叶さんは訴えていました。小泉改革など茶番もいいとこだとのことですよ。
○○党だから嫌だという概念に囚われるよりも、人格として信頼できるかどうかが大切なのではないでしょうか。責任の取れる政治家を一人でも多く増やしていきたいですね。
どうぞ、棄権だけはなさいませんように。
[PR]

by sanenbana | 2007-07-29 10:55 | あまみ便り