ショルダーバッグの使い心地

今度の旅行に、先日作った泥染めのショルダーバッグを持参してみました。
28×22ぐらいの縦長バッグで、外ポケット付き、ファスナーが上部から3cm下がったところに付けたものです。ポケットには紬の古布をあしらい、中心をはずしてミシンを掛け、大小のポケットにしました。
使ってみて良かったのは、小さい方のポケットに電車のきっぷを入れたら、目的地であわてずに済んだこと。ファスナーが開けやすかったこと。中に2つ折の財布とタオルのハンカチとティッシュと小銭入れだけでしたが、ティッシュ入れからティッシュがはみ出してバラバラになっていたのは想定外でした。それと、小銭を出すのがめんどうだったですね。

小銭は外ポケットの大きい方にマジックテープを付けたら、こぼれないで便利かな。紐が少し長かったし、デジカメの方は短かったようです。
やっぱり使ってみると便利不便がわかりますね。
e0062635_1833743.jpg


千2~300年前に、学問の神様といわれた菅原道真さんを祀った大宰府天満宮の境内で。デジカメポーチも便利でした。150枚ぐらい写真を撮りました。が・・・
[PR]

by sanenbana | 2007-06-19 18:08 | さねんばな情報