クビギの効能

奄美大島では、昔から民間療法のひとつにツルグミの木を小さく割ってから煎じて飲む風習があります。当店でも「アンマ(お母さんまたはおばあちゃん)の民間療法」として主に奄美パークの売店に置いてありましたが、先月サンエイさんが撤退したので、ドドッと戻ってきました。
そこで、ただいま店頭に山(おおげさ)のように積んでありますが、先ほど天井の雨漏りを見に来た大工さんが、クビギを置いているといっていたく感心してくれました。
といいますのは、大工仕事はケガが多く、クビギは離せないのだそうです。今は電動ノコギリなどがあって、指を落とすこともめずらしくないとのことです。くだんの大工さんも以前左の人差し指を皮膚3ミリぐらい残して切断しかけたのを、クビギでなおしたそうです。むろん医者にも行ったのですが、「うちではできん」と言われたのが、クビギをお茶がわりに朝。昼、晩と1ヶ月も飲み続けたとのことです。これは、以前も似たような話を聴いていますから信じていいですよ。e0062635_2114420.jpge0062635_2124115.jpg
切断しかけて変形した指をみせてくれた大工さんの指。
クビギは5~6本を2リットルl入りのポットに入れて沸騰させ、そのまま明日まで保温状態にしておきます。明日の朝、木片を取り出します。
蚊やダニ、ブトなどに刺されて腫れ上がる人などはぜひお試しくださいませ。

e0062635_21255155.jpg

ポットで沸騰させてから小1時間たったでしょうか。紅茶色した飲み物ができました。おいしいですよ。
約2リットルに木片をこの分(6本)です。明日の朝までそのままにしておくと、木の匂いが出てきて飲みづらくなるかもしれません。今夜は取り出して、保温のまま帰ります。
明日また実況報告をしますから、お楽しみに~  ではではおうちに帰りま~す。
[PR]

by sanenbana | 2007-04-30 21:07 | さねんばな情報