奄美パーク事情

田中一村記念美術館のある奄美パークは、2001(平成13)年の11月ごろに開館したと思います。開館と同時ごろに、イベント広場にそばにあった売店「あまんゆ」に出品させてもらうことになり、丸5年と少しお世話になりましたが、今月いっぱいで売店を経営してきたサンエイ事業部さんが撤退することになりました。奄美パークへの入り込み客が減少して、経営の採算が合わなくなってしまったのです。
今日は、東京からのお客さまもあり、ドライブがてらつもる話に花を咲かせながら在庫商品を引き取りに行ってきました。いつもいつも、どんな商品がいいんだろう・・・とよく考えていましたっけ。そんな中から生まれたアカショウビンのTシャツ。一村さんのアカショウビンをかたどって縫い絞り、藍染にしてみました。「あまんゆ」専用にして、店にも置きませんでした。けっこう根強い人気がありましたから、お客様もきっとびっくりしたり、がっかりされることでしょう。100サイズからLサイズまで10通りほどのサイズを整えておりました。このTシャツをこれからどうしたらいいのかしら・・・ともかくお店におかえりなさ~い・・・ですね。
奄美の寒い時代の到来を予想させるような不安なできごとだと思います。大きな仕事をしてきたところから立ち行かなくなってきそうな気がします。早めの撤退は懸命だと思います。
e0062635_20595418.jpg

[PR]

by sanenbana | 2007-03-26 21:06 | あまみ便り