南風(はえ)の吹くシマで・祝賀会

昔はほんとによく本の出版祝賀会がありましたが、最近はあまり祝賀会という形はしなくなりました。私などもお祝いよりは、本の中身について語る会の方が内容があっておもしろいとおもいますが、しかし、今回はお祝いをしてあげたい人でした。
1927年生まれの松 夫佐江さんは今年80歳です。
昨年、口蓋ガンになり2度も手術、その合間に書き綴ったエッセーを1冊にまとめました。
戦後、子供2人を残して夫に先立たれ、奄美ではじめての保母(保育士)さんの資格をとり、奄美の保育の仕事に打ち込み、定年後は油絵を描き市美展20年連続入選を果たしました。
なにしろとってもパワフルな人で、こんなに楽しく自立している女性はそうはいませんね。私も彼女のパワーにずいぶん助けられていると思います。
ステキなパーティーでした。あわてて出かけたので、カメラを忘れてしまいました。
[PR]

by sanenbana | 2007-03-22 19:22 | あまみ便り