前山しんご君

先日、全国に棚田を復活させたい、というグループ「竹子(たかぜ)農塾」のメンバー数人が奄美を訪れました。昼の農塾には参加できませんでしたが、夜の懇親会に参加しました。
その席上にシマ唄の若い唄者(うたしゃ)が二人がきて唄ってくれました。毎年、5月ごろ南海日日新聞社は「シマ唄大会」を開催していますが、2日がかりです。前日は予選、2日めが本番です。なんと朝の9時から夜の9時まで延々と唄います。小学部から壮年部まで出演者はゆうに100人を越します。
そこで育った子供たちが大人になってきたのです。前山君もその中の一人だとおもいます。元ちとせ、リッキー、中孝介、里アンナなどみんな子供のころからシマ唄大会でのどを競ったことが世に出る下地になってるんですね。
e0062635_1849922.jpg

三味線を弾きながら唄っている前山君と、囃子の山田君

そうそう、竹子塾の塾長の奥さんは仙台の方でした。しばし宮城県人会に花が咲きましたよ。
[PR]

by sanenbana | 2007-03-14 18:41 | あまみ便り