あなたは長生きしたい派?

インド狂いしていた友人が、両親の介護のために仕事をやめ島に帰ってきてもう数年になります。2年前にお母さんを見送り、今はお父さんを自宅で介護中なので、おしゃべりしに行きました。午前に1時間、午後に1時間だけ紬の養成所に通って、紬を織っています。島に帰ったら、島の人たちと仲良くしないといけないので、言いたいことも半分しか言わない日々もありましたが、ストレスが溜まるばかりなので役場(龍郷町)まで行って言いたいことは言うことに切り替えたとのこと(パチパチ)。彼女は私というストレス開放袋に言うわ言うわ、袋がいっぱいになりました。最後に彼女は150歳まで生きらんば、龍郷町を見届けるにはそれぐらいの時間が必要だとのことでした。これで120歳派2人、150歳派1人です。
[PR]

by sanenbana | 2006-11-25 21:05 | あまみ便り