島尾忌

昨日は作家の島尾敏雄氏の21回目の命日でした。
昔、まだ私が20代の頃、島尾さんは県立図書館の分館長をされていました。新聞でそのことを知って、私が島にくるきっかけになったんですが、あの当時の熱い気持ちが冷めてすっかり島尾文学が遠ざかっています。
時間の都合で恒例の追悼会は失礼して、夜の懇親会だけ出席しました。
詩人のFさんが、奇人変人の話をしながら「佐竹さんはふつうの人よね、でもやっぱりちょっと変わってるよね」とのことでした。そうかしら?
ミホ夫人はもう88歳ですが、いたって健康だから私は120歳まで生きる予定だそうです。え、そんな・・・とみんな絶句してしまいました。
[PR]

by sanenbana | 2006-11-13 18:14 | あまみ便り