エッセーの壺

HPに「エッセーの壺」のコーナーを作ってもらいました。
壺というと、なぜか私は「アリババと40人の盗賊」の油の壺をイメージしてしまうんですが、島の生活にかかせなかった「ミンガメ」(味噌や塩などを入れておいた小さな甕のこと)の方がいいですね。
近くに富田酒造さんがあって、ここの焼酎は「竜宮」というとても個性的なお酒です。酒造の方法が昔ながらの甕壺を並べての醸造なので、この甕壺をみたとき、すぐにアリババの壺を思い出して、なんだかわくわくしてしまいました。子供のころに見た絵本そっくりだったのですよ。
e0062635_21201775.jpg

萩の花が咲いてました。
[PR]

by sanenbana | 2006-09-29 21:21