染物シーズンon

夏真っ盛りの奄美ですが、今年は台風が多いのかもしれませんね。ここ2~3日あまりいいお天気ではありません。台風4号の影響で、風が強くて快適とはいえません。もっとも
 ~暑ければあつ~、寒ければさぶ~と 文句いい~
                      という感じですけど・・
昨日は、バイトさんと2人で、泥染めと藍染めをそれはそれはたくさんしました。2日がかりでよくまあこんなにと思うぐらいしました。たぶん80点ぐらいでしょうか。
バイトさんという人は、ふだん土建会社で、崖の傾斜地を工事するのり面工の男性、雰囲気からすると団塊の世代かな。40代の若い経営者が、自分は仕事はしないで、なんとパチンコばかりしてですね、工賃を払わないんだそうです。仕事も途切れ途切れで、休みが多いし・・ムム~ゆるせない!と彼の奥さんが怒っていきまいていました。これが奄美の実態のひとつです。
あ、それならちょうどいいわ、うちで染物してもらいましょう、というわけで、さっそくお弁当持参で、出かけました。
「のり面工事と比べたら、染物はどうですか」と私。
「のり面はいつも身体が90度ぐらい宙に浮いているから、足が地面についているだけましだね」と彼。なるほど、そういう仕事もあるんですね。
ま、そんなわけで、当店にとっても得がたい人材のひとりになりそうですね。
どこか雲をつかむような暢気なトウサンという感じの人です。
[PR]

by sanenbana | 2006-07-14 19:56 | さねんばな情報