奄美市議会を傍聴しました。

本日は、平田市長の人事案件である助役2名と教育長の承認を求める臨時市議会があるというので、みんなに呼びかけ、出かけました。
議会の傍聴は今回で2度目です。
奄美は昨日から大雨が降っていて、9時30分から始まった議会は満席、43人の議員が議場いっぱいに溢れていました。
助役候補は、朝山毅氏と浜田龍太郎氏、教育長に名瀬市収入役だった徳永氏とのこと、どんな議論が交わされるのかとあまり期待もしないででかけて正解でした。
平田市長というのは、ほとんど人の話を聞くことのできない人ではないでしょうか。質問の意味を理解することができなくて、後ろや、隣の部課長などから助言されて答弁するというありさまです。ここまで漕ぎ着けた安心とうれしさのあまりか、絶えずニヤニヤと笑っていて、神聖な議会とは程遠い雰囲気でした。
ここに、もし、平田さんの代わりに叶さんが立っていたら、議場の空気はピンと張り詰めて、新しい市長への期待と、未来への可能性で希望に満ち溢れたであろうにと思うと、ほんとうほんとうににがっかりしました。
今更ながらに、大きな大きな落し物をしたのだなあ、と泣けてしまいそうでした。ここから、このだらしのない議場から、私たちは何を紡ぐことができるのでしょう。市長へのゴマすり与党の多数決で、すんなり、といっても午後1時過ぎまでかかったらしいですが、平田体制は発進したわけです。

さて新しいHP「奄美雑記」というコーナーができました。
これは進さんがつくってくださったんですが、その中に「資料倉庫」とか「夢を叶える女性の会・略して夢かな会」のページもできました。
それぞれメールで投稿するのだそうです。私も早く投稿して夢かな情報の充実を図りたいと思っていますが、もう少しおまちくださいませ。
先日毎日新聞の原稿を仕上げたばかりなのに、今度はけ~し風の原稿を仕上げなければなりません。明日は市民の会の幹事会ですから、それが終わったら取り組みたいと思います。
今日はまた、夢かな会の連絡網づくりもしました。
e0062635_20335052.jpge0062635_20343013.jpg
きょうは気分転換にTシャツはいかがですか。
[PR]

by sanenbana | 2006-06-02 20:36