タンカンの花

自然の営みに人は逆らえる?タンカン塾の講師によると、「隔年結果」という熟語がでてきて、つまり果実には表年と裏年があって、今年は表年で豊作ですが来年は裏年になって、品薄、高値になる「隔年結果」を平均化するために、樹木の手入れを工夫することで避けられるというものです。農協の共販に出荷しているという専業農家の方にお聞きしたら、確かにそれはそうなんだけど、やっぱり自然の営みには逆らえませんよ、という答えが返ってきました。
なるほどねぇ、となんとなくホッとしてうなずいていたら、もうタンカンの木にはびっしりと花の芽が蕾をつけているんですね。(撮影3月2日)タンカンをもぎ取ったら、もうすぐに芽がでてきて花が咲くので、農家の方は息つく暇がないのです。
e0062635_15573628.jpg

[PR]

by sanenbana | 2006-03-04 15:54 | あまみ便り