大島紬の話

当店の創作紬「蝶の舞」を織っているちかねえ(平千賀子)さんが、1ケ月半ほどかけて織った紬を紹介します。
市場で100万円クラスになる最高級の柄の、いろいろな横糸で柄だしをしたものです。
ちかねえの織りは、打ち込みがとてもしっかりしていているので、紹介したくなりました。
こんな紬で振袖など作ったらとても素敵だと思います。
2つはない逸品ですが、すでに予約済みとのことですが・・・
e0062635_1036713.jpg

[PR]

by sanenbana | 2005-12-14 10:36 | あまみ便り