不思議なシマ(集落)

昨日、山畑先生を名瀬市崎原(さきばる)というところにご案内したのですが、ここはちょっとした奄美の秘境だったことに気づきました。
崎原集落は名瀬市の東、太平洋を一望できる高台にあります。
e0062635_18293866.jpg

昨日はなぜか風景がぼんやり。中国の黄砂が偏西風に乗ってやってきたようです。
(本日の南海日日によると)
さて、この集落は高台にあるため、霧が深いのと、北風(島ではニシといいます)が強いのとで、
山を切り開いて壁にしてからその窪地に家を建てています。
一軒一軒の家に行く道は人一人が通れる狭い道で、その狭い道をたどると次の家が現れるという具合です。生活の知恵とはいえ、とても不思議な感覚を味わいました。
e0062635_18425138.jpg

[PR]

by sanenbana | 2005-11-08 18:27 | あまみ便り