1年の計と、結婚式のご報告

今年の計画の前に
昨年の出来事を振り返ってみました。

まず筆頭は
私の一人息子森 快蔵(かいぞう)が、結婚したことです!(私も戸籍は森なんです)
e0062635_11232066.jpg

お相手のお嬢さんは「秋桜」と書いて「さくら」と読みます。
コスモスがきれいな11月に生まれたので秋桜と名づけたんだそうですよ。
とてもきっぷのいいお姐さんっぽいところのある素直で元気でよく気のつく娘です。
昨年9月、福岡で結婚式を挙げました。

披露宴はさくらちゃんに内緒のサプライズで、
スナックを借り切って入りきれないほどの友人知人でいっぱいでした。
e0062635_11251055.jpg
e0062635_11253761.jpg
e0062635_1128284.jpg

e0062635_11284744.jpg

つむぎの着物がとても似合ってますよね。
息子の着物は成人式につくったんですが、おばあちゃんが縫ってくれました。
秋桜ちゃんの着物は私のもので
蝶の柄がとても気に入っていて、私が仕立てたものです。
いつか息子のお嫁さんに着せたいと思っていたので念願が叶いました。

会場に着くまでにいろんな人から「それ大島紬でしょう!」って声を掛けられたそうですよ。
やっぱりね~、すごいCMでしたね。
e0062635_11354619.jpg

私は船に乗って福岡へ。
朝、船からみた桜島も微笑んでいるみたい。

暮れには奄美に来てくれました。
こんなおどけた顔もかわいいね!
e0062635_11373249.jpg

私の友人たちが祝福してくれました。
ホテルカリフォルニアのアガルイです。
お店のスタッフがデザートのケーキをこんな風にアレンジしてくださって二人は感激でした!
e0062635_11385016.jpg

e0062635_12341590.jpg
e0062635_113914100.jpg

秋桜は3月にママになります。
息子も3月生まれなので、3月がムル楽しみです。

というわけでした。



さて1月末には私の小中時代の同級生4人が奄美旅行へ。
5人乗りのレンタカーを借りておじさんおばさん達を案内したのはむろん私です。
(この人たちは奄美に1泊、屋久島に2泊して、屋久島がすごくよかった!なんて礼状をよこしたりして・・)


2月はじめには姉の13回忌で東京へ。
60歳を目の前にして気がついたときは末期の肺がんでした。
たった2ヶ月の闘病生活で、姉はさっさと逝ってしまいました。
(姉はとてもチャーミングなひとで、たくさんの人に好かれていました)

2月~3月にかけて毎年「奄美完熟タンカン」の発送月間でした。

4月には降って湧いたような普天間基地の徳之島移設問題。
徳之島の友人たちからおいでコールもあったりで、1万5千人集会に参加してきました。
徳之島の対応は揺るぎがなくてとてもよかったと思います。
(朝の船で出かけ、夜の船で帰りました)

そして9月。
9月は息子たちの結婚式の1週間前に島根県まで行ってきました。
1年前から計画中だった島根県熊野大社での国際民族音楽祭の庭火祭がありました。、
築地俊造、中村瑞希、前山真吾、吉原まりかの4人の唄者さんたちと
エーストラベルが企画したツアーの皆さんとで「奄美の島唄と歌掛けの夕べ」でした。
大社の境内には2000人もの観客が参集してくださって、たいへん盛り上がりました。

ところでなんで佐竹まで行くの?って思ってるでしょう。
そうなんです。
私が奄美と島根のつなぎ役を仰せつかったので実現したんですよね。
4泊5日の旅はけっこうきつかったけど、
島根の帰りに1泊した大阪ではシマ出身者の皆さんと大いに集い語り合いました。

10月、沖縄へ。「琉球交響楽団10周年記念コンサート」でした。(この旅行も素晴らしかった)
11月 東京へ。「世界へ未来へ9条フェスタ」への参加でした。(姪や友人たちに会えた)

こうしてみると昨年もけっこう動きましたね。
ビジネス抜きでこんなに動いたら、経済が逼迫するのは当たり前ですね~
旅費が出たものや、マイルを使ったり、シルバー割引などで旅費そのものは案外かかってないけど、
お店を休んだ日数を数えるとやっぱり赤字行動です。
大反省!
(ただし、結婚式は別枠で~す)

なにか言い訳がましいんですが、
今年もどうぞよろしくお願いたします。

今年の目標は、むろん売上をあげることと、
もうひとつの収入の道をしっかり自分のものにすることです。
この私が、お金がなくてフーフーしているなんて似合いませんものね。
乞うご期待!(ほんとうはビンボウも悪くないと思っているんですよ)
[PR]

by sanenbana | 2011-01-09 11:32 | さねんばな情報